2017年02月12日

2017建築情報

早いもので、今年も一月が過ぎました。

この一年も、街の中には新しい建物が誕生します。
今までは、展示会だったり、建った後の見学紹介をしていましたので、別の視線で情報を上げたいと思います。それは、これから竣工・開業する建物情報です。

流石に、全国的には分かりませんので、首都圏を中心に何点かを紹介します。
(パースや一部の写真は、各関係HPより拝借しました。)

GINZASIX(基本設計+外観デザイン:谷口吉生)
東京都中央区
GSIX-000.jpg  GSIX-001.jpg
銀座松坂屋跡地に建つ、店舗・事務所・文化交流施設です。
左が完成予想図(パース)で、右が、足場が外れた現時点。風除室とガラスと金属の使い方に、設計者の特徴を感じました。ディテールからの、美しさがあります。
開業は4/20予定で、立地と大型店舗と言う事で、銀座の新しいランドマークになりそうです。



ミキモト銀座4丁目本店(ファサードデザイン:内藤廣)
東京都中央区
MIKIMOTO-GINZA-000.jpg  MIKIMOTO-GINZA-001.jpg
同じ通りにある、建替え工事です。
ジュエリーブランドらしく、約4万個のガラスピースを使ったファサードデザイン(左)。現地で見ると、小さなガラス板がブラインド状に壁面を覆っていました。光が当たるとどう見えるかが楽しみですね(右)。
6/1に、グランドオープンします。



柏の葉 T-SITE(設計:クライン ダイサム アーキテクツ)
千葉県柏市
kashiwa-no-ha.jpg
三井不動産の事業「柏の葉スマートシティ」に一角に建つ、代官山T-SITEから始まった4番目のT-SITEになります。書店・飲食・物販店による、複合施設。
オープン予定は、春オープンみたいです。。。



(仮称)鎌倉歴史文化交流センター
(既存建物設計:ノーマン・フォスター) 
神奈川県鎌倉市
Kamakura.jpg
一年ほど前に、ノーマン・フォスター展で知った情報が、遂に4月に完成予定。
ノーマン・フォスターが設計した専用住宅を、鎌倉の歴史を学ぶ施設に用途変更し、最終的には鎌倉博物館の一部となるようです。



富士山世界遺産センター(設計:坂茂)
静岡県富士宮市
FUISAN.jpg
富士山のすそ野に、12月開館予定の文化施設。
逆さ富士とは反対のデザインで、水面に富士山形状が見れるデザインになっています。
静岡に帰省する時に、見に行く予定です。


SONY-B.jpgこれらの新築物件に対して、今年で閉鎖される物件も有ります。

銀座のSONYビル(設計:芦原義信)は、3月に閉館し解体されます。
その後、公園になって、2022年に建替えられるそうです。

やはり、商業施設は、移り変わりが速いですね。
解体される前に、是非見に行きましょう〜!
posted by nabay at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

10周年

気付けば、もう年末が近づいてきました。
そして、本日(28日)が、法人化して10年となります。

10th.jpg

事務所の方向性として、当初に描いていた事と比べれば、まだ全然目標にたどり着いていませんが、まずここまで頑張ってきたことを素直に喜び、サポートしていただいたみなさまに感謝いたします。

振り返ると、リーマンショックによる不況、東日本大震災や熊本地震等による自然災害、建築士法の改正、そして東京五輪の決定と、沢山の出来事が有りました。

我々も、戸建住宅や共同住宅の設計、店舗にクリニックのリフォーム等の仕事が出来ました。残念なのは、企画をして実現しなかった建物。。。よくあることですが、確率を上げたいですね。

来年は酉年、年男の二人、目標に向けて大きく羽ばたきたいです!!
posted by nabay at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

建築倉庫

今年の6月に開館した、建築倉庫に行ってきました。

「収蔵庫そのもを展示する」をコンセプトに、天井高5.2mの空間に、建築模型を展示・保存しています。

建築倉庫-1.jpg    建築倉庫-2.jpg

場所は東京都品川区で、天王洲アイル駅から徒歩5分程度でした。建築倉庫は、美術品や映像音楽データからワインまで保存する会社、寺田倉庫が手掛けています。

倉庫の様な棚は、3〜4段あり、各模型が映えるように照明が当てられていました。
作品は、国内外の建築家による展示会に使われた模型から、設計段階のスタディ模型まであります。

建築倉庫-3.jpg   建築倉庫-4.jpg

模型の材料も、スタイロフォームやスチレンペーパーと良く使われる材料から、木材にアクリル材と、多種多様でした。

建築倉庫-5.jpgまた、照明が内蔵した模型は、少し暗いエリアにまとめて展示されています。
異なる建築家による何種類もの模型が見る事が出来る上に、写真撮影も可能ですので、とても良かったです。

新しい模型が入ったり、模型の入れ替わり等が有れば、また行きたいと思います!
posted by nabay at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

看板デザイン

ドタバタした日々が続き、blogのUPもそうですが、昨年、この記事をUPすることを忘れていました。

丁度一年ほど前に、野外イベントで使うテント地の看板デザインの話しが、「こころ」の店長から有りました。
看板サイズが決まっており、打合せの結果、黒地でシンプルに作ろうとなり、フォントの種類や大きさ上下のライン等を入れた4案を作成。
(商品紹介等の文は、店長からの要望で、フォントの配置や色を調整)

その後、1案を基に調整して、完成しました。

テント看板-1.jpg実は、このお好み焼きの画像、お店のお客様が写真を撮り、別のお客様がPhotoshopで加工したものです。そして、最後に我々がデザイン。
取付けには、店長と私が学生時代にお世話になったお店の店長。

沢山の人によって、出来た看板。建物みたいで、良いです!

最初は、長渕剛さんのコンサート「10万人オールナイト・ライブ 2015 in 富士山麓」だけの予定でしたが、浜松で行なわれた「ゆるキャラグランプリ2015」でも出店されました。
テント看板-2.jpg テント看板-3.jpg

使用する時間帯、照明の色、いろいろと検討する事が有り、楽しい仕事でした。
posted by nabay at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

花より建築?

暖かい日と寒い日が交互に訪れ、更に花粉が飛び始める今日この頃。
そろそろ、お花見の話も出始めています。

お花見も良いけど、建築も合わせて楽しみたいと思うところが、職業柄的な病気
そこで、首都圏と、少し足を延ばして日帰り出来る箇所を、ピックアップしました。


自由学園明日館-1.jpg 自由学園明日館-2.jpg

池袋の住宅街に建ち、本数は多くありませんが、大きなソメイヨシノ等が有ります。
また、今年開催されるか分かりませんが、ライトアップされた夜桜鑑賞(お酒付き)は良かったです!



さくら広場(幕張)-1.jpg さくら広場(幕張)-2.jpg

Panasonicが社有地に開設している公園で、幕張以外に茅ヶ崎、門真、豊中に有ります。
幕張は、その中でも最大規模で、敷地面積32,000uにソメイヨシノが505本配置されており、休憩所の他、噴水や桜を上から眺める様になっている「さくら回廊」が有ります。
建築と言うより、ランドスケープです。



清春芸術村・徹(藤森照信)
茶室 徹(清春芸術村)-1.jpg 茶室 徹(清春芸術村)-2.jpg

都内の桜より開花が遅い、山梨県北杜市に有る清春芸術村。有名な建築家の建物が何棟も建っており、何度も訪れたい場所です。
桜(ソメイヨシノ)は、敷地の外周に植わっており、茶室・徹が桜の中に建っている感じがしました。



これ以外にも、お城や有名建築も有りますが、この時期にしか見る事が出来ない『桜と建築』、運とタイミングが重要な経験かと思います!
posted by nabay at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築・ランドスケープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

建築展示会-2016

遅くなりましたが、新年おめでとうございます。
本年も、よろしくお願いします。

昨年の新国立競技場の再コンペによって、デザイン的なことを含め、業界だけでなく注目を浴びたことは、結果に関わらず、良い事だと思いました。

せっかくなので、今行われている建築展示会を見て、もっと興味を持って、身近に感じて頂けると嬉しいと思います。

まずは、建築界のノーベル賞とも言われるプリッカー賞を受賞した、2人の展示会です!

FrankGehry展21_21 DESIGN SIGHT
2015.10.16〜02.07
FOG-1.jpg FOG-2.jpg

以前、DVD『SKETCHES OF FRANK GEHRY』で紹介した様な、ゲーリー独特のスケッチにシルバーの厚紙による模型が展示されています。それと、ゲーリーが好きな魚をモチーフにした模型も有ります。
一番驚いたのは、CADの技術ですね。
今後のCADとなるBIM(Building Information Modeling)を、独自に入れており、複雑なデザインが、コストを含めてコントロールしていました。


Foster + Partners展森美術館
2016.01.01〜02.14
F+P-1.jpg F+P-2.jpg

森美術館の展望台とセットになった展示方式です。
こちらも、スケッチや模型が沢山展示されておりますが、展望セットのせいか、窮屈な感じがしました。
とは言え、国内でも何点か作品が有り、この規模の展示会は初なので、見る価値は十分に有ります!
やはり、構造美が素晴らしいです!!


ここからは、一般の方にはディープかも知れませんが、ここまで見ていれば、建築マニアの仲間入り確定です!!

リナ・ボ・バルディ展WATARI-UM
2015.12.04〜03.27

みなでつくる方法 吉阪隆正+U研究室の建築国立近現代建築資料館
2015.12.03〜03.13

WARO KISHI:京都に還る(GALLERY間)
2016.01.28〜03.20

『鎌倉近代美術館』誕生展(鎌倉近代美術館)
2015.10.17〜01.31
最後の鎌倉近代美術館は、この展示が最後で閉館となります。取り壊されず、保存をする為に耐震補強に入ります。
よって、次いつ中に入れるかは、不明です。
MOMK-1.jpg MOMK-2.jpg

外観だけでなく、テラスや現在公開中の中3階(旧学芸員室)を、もう一度みたいです。

少しでも、興味が出たものは有りましたか?
これを機会に、是非、建築の世界へ!!
posted by nabay at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

軍艦島

今年も残すところ、あと一か月。
業界的には、新国立競技場の再コンペ民泊問題、杭偽装と、嫌なニュースが多かった一年ですが、良かった事として、軍艦島等が「明治日本の産業革命遺産」の一つとして、世界遺産になった事でしょうか。

二年前に、初めて行った『軍艦島』。
長崎県の海上約18kmに位置する島で、正式名称は端島。
石炭採掘で栄え、埋め立てにより島の拡大、そして狭い敷地に70棟を超える建物が出来、煙突から出る煙が戦艦「土佐」に似ている事で、軍艦島の愛称が付いています。
軍艦島-01.jpg  軍艦島-02.jpg

現在は、石炭炭鉱施設や木造の建物は崩壊し、鉄筋コンクリート造も構造フレーム以外は、無い状態に近いです。
崖に沿って作られた緑道(階段)、最上部の貯水槽、島を守る祠、日本初の鉄筋コンクリート造の共同住宅、海水プールを見ることが出来ます。
軍艦島-03.jpg  軍艦島-04.jpg

軍艦島-05.jpg  軍艦島-06.jpg

本来は、アパート中心部に行きたいですが、そこはストリートビューで我慢するしかありません。

この島(6.5ha)に、最盛期で5,000人を超えた人が生活していました。
TVの普及率も高く、屋上がアンテナだらけの写真を見ましたが、閉山された今でも、現地に行くと、当時のパワーを感じられると思います。

見学は、4社による午前と午後に1便ずつ有り、海上で見た後に上陸して、決まった見学ルートを約1時間堪能して終了です。
世界遺産になって、予約が取り辛いかも知れませんが、是非見て欲しいですね!
posted by nabay at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 国宝・重文・世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

民泊

Trip.jpg数週間前に、ニュースで出た民泊問題
安く宿泊する為と、空いている住宅を活用する事で、良さそうな感じですが、個人住宅ではなく、共同住宅で知らない人が泊まっており、騒いだり、ゴミの問題が、居住者から出ている様です。


以前、田舎の古民家を使って、宿泊施設を考えている方と、お話しする機会が有りました。
とりあえず、どの様な問題が有るか調べて、分かる範囲で簡単に説明させて頂きました。
当時から、住宅を宿泊施設(ホテルや旅館)に変えるのは、旅館業法建築基準法消防法等が掛かり、普通に許可を得るのが難しい状況だと思っていました。
ただし、農林漁業者体験民宿なら出来そうでした。


個人住宅ですら、上記の様にクリアさせなければいけない事が沢山有るので、共同住宅では、管理組合や契約に、居住者との関係も出てきて、現状不可能に近いと思います。
特に共同住宅の場合、消防法に関する防災設備の緩和を受けている可能性が有ります。
そこに、宿泊施設が入れば、緩和規定から外れ、建物全体が違法になるでしょう。
火災等の問題が起きてからでは遅いのです。

とは言え、空家問題があるの事実です。
観光で国内を訪れる観光客が増えており、2020年に東京オリンピックを控えている今、新しく建てるのではなく、リノベーションし、場合によっては期間限定で対応するのが一番かと思います。
分譲マンションでは、管理組合の関係で厳しいでしょうが、戸建て住宅や賃貸マンションは、居住者の理解や引越する事により、建物全体を民泊に変える事が出来るでしょう。
まず、法の改正が必要になるかと思いますが、対応出来れば良いですね。
posted by nabay at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

構造デザインマップ東京

以前、建築ガイドブックと題して、何冊かの本を紹介しました。
その後も、何種類か買いましたが、ここ最近に購入した本を紹介します。

S-Design-MAP-1.jpgそれは、この『構造デザインマップ 東京』です。

その名の通り、建築の構造を主体に置いたガイドブックで、とても興味深い内容になっていました。
一般的に、構造は表面から隠れてしまうことが多い中、デザインされた構造も有り、私自身もその様な建物には、魅力を感じます。

例えば、この東京国際フォーラムのガラス棟。たった2本の柱と、船底の様なU字型梁(キールアーチ)で支えられています。
もちろん、新国立競技場とは、本数も大きさも異なります。
S-Design-MAP-2.jpg


構造の種類が明記してあるのはもちろんのこと、更に特殊な構造には、写真や図面で細かく紹介されています。意匠設計者だけでなく構造設計者も紹介してあるのは、とても意味がある事だと思いました。

東京となっていますが、首都圏近辺まで紹介されています。
S-Design-MAP-3.jpg

横浜大桟橋国際客船ターミナルも、キールアーチと折板構造が採用されています。

構造設計によって、コストだけでなく空間も変わる、構造デザインを生かした建物、やはり美しいですね。
posted by nabay at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

HP更新

ここ数か月、仕事でドタバタしてblogの更新が出来ませんでした。
それより更新してなかったのは、HP
HPも、自分達で作り管理しているので、久し振りの更新となると、HTMLの組み方から再確認となり、少々手間取りました。

2012年に竣工した、M2-Residenceから現在までに、設計及びデザイン提案した物件が有り、まず2013年に改修した『第一歯科YC』をUPしました。
HP-01.jpg

この後、昨年設計及びデザイン提案したテナントビル『K2-Building』をUPしますので、チェックして頂ければと思います。
posted by nabay at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする