2008年06月27日

マジックタイム

我々の仕事の一つに、竣工写真の作成があります。基本的に竣工写真は、建物が完成した時に外観や内観を建築写真専門のカメラマンに撮影してもらいます(我々で撮影する場合もあり)。
その時に、アングル以外に夕景の撮影を指示します。

夕景の写真を撮影する場合、一番気を付けないといけないのがマジックタイム内に撮影をする事です。このマジックタイムは写真用語で、「日が暮れ始めてから、暗くなるまでの数分間」の時間帯を言い、東京都内で撮影する場合、今の時期ではPM7:10〜7:20頃になります。
この時間帯に撮影すると、空が紺色になり幻想的な写真に仕上がります。天気は晴れている方が良いですが、曇りでも撮影できます。

SIA青山-1.jpg実際に、写真で比べてみましょう。

建築家・青木淳氏設計のSIA青山を、私が趣味で撮影しました。
昼間の写真です。
これから、白い外壁と空の色の変化を比べてみて下さい。


SIA青山-2.jpgまず、昨日のPM7:00頃の写真です。

少し青くなり始めていますが、まだマジックタイムにはなっていません。
ここで注意ですが、カメラの性能によって時間帯が異なるので、マジックタイム前に何度か試し撮りをして下さい。


SIA青山-3.jpg  SIA青山-4.jpg

左上の写真がPM7:15頃で、右上の写真がPM7:20です。

空の色が紺色に近付き、白い外壁も青くなっています。たった5分間の差ですが、色の濃さが異なります。また、これ以降に撮影すると黒くなり、夜景となります。
マジックタイム内の撮影は、手ブレを起こしやすいので三脚等で固定して撮影する必要があります。

私は、街中の建築写真を撮る時に三脚を持っていかないことが多いので、塀や壁に体を預けて手ブレを減らすようにしています。

個人的に夕景が綺麗な建物として、「クリスチャン・ディオール表参道」や「プラダブティック青山」等があります。

そう言えば、三谷幸喜監督による映画『ザ・マジックアワー』が公開されました。この映画の題名も同じ意味で、こちらは映画用語になります。
また三谷幸喜監督が審査する写真コンテストがあり、お題は『東京の素敵な夕暮れを探せ!』です(募集期間:6/6〜7/21)。何枚か応募しようかと思いますが、皆さんもお気に入りの写真を投稿してみませんか?
posted by nabay at 21:15| Comment(0) | TrackBack(2) | 建築知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

天気
Excerpt: 種&ビーズをありがとう〜 今日は予報では一日曇りだったのに、結構日差しが強く感じ...
Weblog: ひろこの日記
Tracked: 2008-06-27 21:25

第五十六幕 ザ・マジック・アワー
Excerpt: It's Only A Paper Moon. But・・・  映画『ザ・マジック・アワー』 ここは港街・守加護(すかご)。  街を牛耳っているギャングのボス手塩...
Weblog: ほぼ 日刊 Anthony's CAFE 1.01
Tracked: 2008-06-28 14:35