2009年01月30日

建築設計事務所って?

設計事務所.jpg

建築設計事務所は、通常どのような仕事をして、どういう立場・役割なのか、正確に理解されていないことがあります。
また、設計事務所に依頼する場合のメリット・デメリットを改めて理解していただきたいと思います。

建築設計事務所は建築物の設計・監理業務を行うために、管理建築士をたてて設計事務所登録をしなければなりません。
時悠空間工房の場合、nabayが管理建築士で一級建築士事務所として東京都にて登録しています。

建築設計には、意匠構造設備電気の三つに大別され、それぞれの設計事務所が専門知識を生かして設計を行います。
特に意匠専門の設計事務所は、これら三つを取りまとめる役目となり、全てを把握し、納まっているか調整する必要があります。
つまり設計全体を理解した上で、施工会社の工事が設計通り行っているか現場監理をするのです。(我々はこの意匠設計を専門としています)
また、企画から完成までのスケジュールやコストの管理をして計画通り行われるように取り仕切ります。

この場合、建築主は意匠設計事務所に設計依頼するのが通例です。設計事務所以外として、ゼネコンやハウスメーカーにお願いすることもあります。
但し、設計事務所の場合は、設計と施工(ゼネコン)が別のため、施工状況を第3者の目で確認・チェックすることができます。(品質確保、手抜き工事・施工ミスの防止)
例えば設計がゼネコンの場合、建築主にとって窓口が1つになり楽と思われますが、設計施工が同会社のため情報伝達が早い反面、チェックが疎かになる可能性もあります。
また、設計事務所は様々なデザインやアイデアを提示してくれますので、想像以上の建築が可能です。

デメリットとして、「設計事務所の設計料は高いのではないか?」「建築家の先生は自分の意見を受け入れてくれないのでは?」等をよく聞きます。
一昔はそうだったかも知れませんが、現在我々の知っている限りではそんなことはないでしょう。
設計料は目安として工事費の何%とだいたいの基準を各事務所は設定してますが、話し合いによっては変動したりもします。ゼネコンやハウスメーカーと設計料だけを比較してみると高く感じてしまいますが、トータルで考えるとたいして変わらなかったというケースも多々あります。

また、建築士はあくまでも建築主の代理人です。建築を完成まで導く強力な味方であり助っ人なのです。もちろん、完成後もより良い関係でありたいと思っています。
現在では、建築士のことがホームページや雑誌等で紹介されていますので、気軽に相談してみていいと思います。資金があまりない、敷地が狭い等の悪条件であっても問題ありません。そのほうが返って燃えるタイプの建築士も結構います。
それで気に入らなかったら断っても問題ありませんし、相談程度なら相談料を請求されることもありません。もちろん我々は無料です!

とにかく、一生に1度かもしれない高額の買物なので慎重に進めていくべきでしょう。
posted by suzuking at 12:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 事務所の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

初コメになります。

仕事上、よく見させてもらってます。

いろいろ参考になります。

また寄らしてもらいますね。失礼します。
Posted by ☆KEEP BLUE☆ at 2009年01月31日 13:04
KEEP BLUEさん、コメントありがとうございます。

我々のblogが参考になっているとは嬉しい限りです。

今後ともよろしくです!
Posted by suzuking・nabay at 2009年01月31日 14:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック