2009年02月23日

梅の木

梅の木-1.jpg現存する倉俣史朗インテリアデザインの希少な店舗の一つ、鮨屋「梅の木」。
はっきり言ってショックでした!

内部は入らなかったのですが、店舗の顔であるファサード・佇まいを見てきました。

クラマタデザイン特有の“どうやって納めたんだろう?”的ディテールは影を潜め、有り得ない金属パネルの割付や溶接痕、露出されたコンセントの色彩・位置など気になった部分が至るところに・・・。

これらはきっと当初のデザインではなく、メンテナンスの際にできてしまったものだろうと勝手に解釈し自分を納得させています。

30年ほど前にできたものなので仕方ありませんが、全体的に老朽化しており、なおかつ店先の両サイドには物が置かれ・・・ショックでした。

しかし、きっと内部は当時のままでクラマタデザインのミニマルでストイックで当時斬新だったインテリアが残っているだろうと期待して次回は鮨を食べに行きたいと思っています。

梅の木-2.jpg  梅の木-3.jpg  梅の木-4.jpg
posted by suzuking at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップ・インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック