2009年03月24日

旧吉田茂邸

旧吉田茂邸.jpg
敗戦後の日本を復興に導いた吉田茂元首相の邸宅が、22日に全焼。一般公開される予定になっていただけに残念です。

外国貴賓を招くために建てられたこの建築は、吉田茂元首相と内外の要人が面会した戦後政治史の一舞台であり、1979年には当時の大平首相とカーター米大統領の首脳会談も開かれ、また、孫の麻生太郎首相も幼少期を過ごしたようです。

この旧吉田茂邸は、近代数寄屋建築の巨匠である吉田五十八(よしだいそや)による設計で、木造二階建ての総ヒノキ造り、そして建築だけでなく美しい庭園も見所であります。
なお吉田五十八設計の住宅で一般公開されているものは、吉屋信子邸猪俣邸梅原龍三郎画室(移築)などがあり、日本の伝統的な数寄屋建築をモダンで繊細に表現した空間や佇まいが堪能できます。
著名建築家設計の住宅がこれほど多く一般公開されているのは珍しいくらいです。

最近は「和風」と称して薄っぺらいデザインが多々見受けられますが、数寄屋建築を近代と見事に融合させ、昇華させた、本物の美学を体験するのも悪くないでしょう。

焼失したこの建築が復元され、一般公開されることを切望します。


*やったぜ日本!WBC連覇!
posted by suzuking at 15:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 建築・ランドスケープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116146746

この記事へのトラックバック

旧吉田茂邸
Excerpt: 3月24日「旧吉田茂邸 全焼」[アーカイブズニュース] 旧吉田茂邸/資料発見/みんなでつくる横濱 ... 旧吉田茂邸
Weblog: アイアンルック 動画 馬
Tracked: 2009-03-24 23:35