2009年04月16日

講習会

3月・4月と、東京ビッグサイトの国際会議場にて、建築士の講習会を受けてきました。

text.jpg平成18年12月に、建築士法が改正・公布されました。新法により、建築士事務所に所属する建築士は、3年毎に『建築士定期講習』を受ける事が義務付けられました。
また、事務所登録に必要な管理建築士は、建築士を取得後、実務経験と講習会を受ける事と変わりました。私みたいに、法改正前に管理建築士になった建築士の場合、建築士の講習会とは別に『管理建築士講習』も受けないといけません。

TokyoBigSight-1.jpgどちらの講義も、朝早く会場入りして受付をします。
受付後、テキストと座席表を頂くのですが、まさかの(当たり前かも)全席指定です。
国際会議場の座席は、固定され段々に配置してあるシアター形式で1000席有ります。隙間なく座らされた椅子、には、折畳み式のミニテーブルが付いていますが、隣との距離やテーブルのサイズ等で線や文字が書き辛く、とても講習に向いている環境とは思えませんでした。

講習は『建築士定期講習』・『管理建築士講習』のどちらも、耐震偽装により建築士だけでなく建築業界に対して不信感が出たこと。その信用を再度得る為に、この講習が行われていると始まり「建築基準法等の改正」・「建築士の責務」・「建築士事務所の業務」・「品質の確保」等をテキストに沿って、約5時間の講義が続きました。

講習の内容として、『確認申請で認可をされたとしても、後々認められないもと判断された場合は、認められない場合がある。』と話がありました。当たり前の事かも知れませんが、認可された経緯に依るのではと思いつつ、我々設計者だけでなく審査側も気をつけて対応すべき内容だと改めて思いました。

講義終了後には、マークシートを塗潰す○×式の終了考査(1時間)が行われ、無事終了。
講義が終わって会場を出た時には、6時近くでした。
TokyoBigSight-2.jpg
この様な講習に参加する事で、信用への回復の一歩になればと思いました。
posted by nabay at 18:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 建築知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
y13ZmJDB
Posted by hikaku at 2009年05月03日 15:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック