2009年10月03日

雪国農耕文化センター

棚田.jpg日帰り出張で、新潟まで行ってきました。
木々が茂った山並み、川のせせらぎが心地よく、越後妻有特有の棚田が残る風景。
冬は雪が1〜2m積もり、二両編成の電車は一時間に一本。

雪国農耕文化センター 1.jpgこんな自然に囲まれた山間部に、異彩を放つ白い物体が出現。
MVRDVの日本初作品となる建築を見学しました。
(二作目は表参道にあるGYRE

雪国農耕文化センター 2.jpgMVRDVの持ち味であるダイナミックな形態!
その物体は手足を伸ばして今にも動き出しそうでした。
四方向から斜めにせり上がった階段(動線の箱)が建築全体を持ち上げる大胆な構造。

雪国農耕文化センター 3.jpg内部に入ると一変、今度は色彩の世界。
このギャップに圧倒!
これらのスペースはアーティストとのコラボ作品です。


雪国農耕文化センター 4.jpg真っ黄色な展示空間。





雪国農耕文化センター 5.jpg床、壁、天井、机、椅子全てが黒板色。





雪国農耕文化センター 6.jpgオレンジ色のトイレ。
どの扉から入ってきたか分からなくなってしまいました。



雪国農耕文化センター 7.jpg空又は水中を浮遊しているような感覚のカフェ。





この建築は、越後妻有地域における芸術祭の関連施設。
また、本日(10月3日)から「大地の芸術祭2009 秋版」が開催されます。
ジェームズ・タレル、ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー、みかんぐみ、日比野克彦や他の作品も鑑賞できるこの芸術祭も見応えありそうです。
posted by suzuking at 15:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 建築・ランドスケープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これに、友人も出展(参加)してましたよ!
Posted by けんご at 2009年10月21日 10:45
ホントですか!
どなたなのか今度教えて下さい!
Posted by suzuking・nabay at 2009年10月21日 11:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129407327

この記事へのトラックバック