2009年10月19日

漏水

漏水-1.jpg水は怖い!
建築業界の人間ならば一度は必ず経験しているはずです。



原因は経年劣化や施工不良、設計ミスなど様々。
特に、経年劣化による場合は漏水箇所を限定するのが困難で厄介ものです。

先日、都内某マンションの漏水現場を見てきました。
恐らく原因は経年劣化によるもので、疑わしき部分に仮防水が施されていました。
今後防水メーカーや施工業者と協議して、適切な対策を検討し、適正価格・確かな施工での防水工事が行われるよう監理していく予定です。

そもそも屋根防水の修繕周期は、露出防水で12〜15年、保護層のある防水で18〜25年が目安です。(一般的に防水保証は10年間)

心身のケアと同様「治療より予防」の精神で、漏水被害で大切な家財に影響が出る前に、適切な管理と修繕が望ましいと思われます。


漏水被害の部屋で過ごしていると、結構精神的にへこむんですよね〜。

漏水-2.jpg←以前経験した最大級の漏水被害!
 漏水量なんと約70リットル!



posted by suzuking at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック