2009年11月16日

光の館

新潟 1.jpg再び日帰り出張で新潟へ。
当然、仕事ついでに建築・アート鑑賞をしてきました。



光の館 1.jpg今回は、光の館(デザイン・建築設計:ジェームズ・タレル)です。
ここは宿泊施設となっていて、建物全体がアート空間でもあり、滞在中に「時のうつろい」「光と闇」を体感する珍しいコンセプトとなっています。

新潟 2.jpg遠く八海山を望むロケーションは、見晴らしがよく空気も澄んでいて非常に気持ちが良く、ジェームズ・タレルもここを気に入り、建設地として決定したようです。私は平日の昼頃に行った為、貸切状態での見学となりました!(見学のみも可能です)

光の館 6.jpg高床式で左右対称の佇まいは寝殿造りのようで、導入部となる階段は威圧的でもあります。




光の館 4.jpg建築的パーツの処理は野暮ったさを感じつつも、間接光や自然光の見せ方・取り入れ方は劇的で、これらのディテールはかなり配慮された痕跡がうかがえます。





光の館 2.jpg内部は間接光による陰影の世界。
まさにタレルによる光のアート空間。






光の館 3.jpg空を切り取ったようなトップライト。
屋根が可動して、ガラス等のフィルターがないため強烈な自然光が直接差し込む。





この作品を鑑賞するのは夕方から夜がベストと思われます。
陰翳礼讃の世界を体験する絶好のアート作品でしょう。
posted by suzuking at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック