2010年01月06日

港屋

新年、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。


みなさん、年越し蕎麦にお雑煮等、堪能されましたか?
私は、年が明けてから「そば」を頂きました。
港屋-01.jpg
我々が設計し、セルフビルドで完成させた『お好み焼き・こころ』のオーナーさんが、年明けに来られたので、食べ歩きツアーの一つとして西新橋の「そば処港屋」へ。

TVで紹介され、気になっていたお店で、今回初めて行きました。
真っ黒に塗られた壁に、スリット状の開口に入り口が1箇所。
遠目で見ると、とても蕎麦屋さんには見えません。ましてや、立食い蕎麦屋とは!

港屋-02.jpg 港屋-03.jpg

店内もモノトーンで、黒いタイル貼りで作られた正方形の大テーブルが中央に有り、奥にお蕎麦を配膳するカウンターが有ります。
黒い大テーブルは、1辺に4〜5人は並ぶ事が出来そうなので、20人が輪を作って食べる感じです。また、テーブルの中央部は窪みを設け水がはられていました。
照明も暗めでBGMはショパンと、何もかもが立ち食い蕎麦の概念を変えた感じです。

つけ汁にはラー油が入っており、普通盛でも大盛と間違える量。価格も¥600〜と、とにかく驚きつつも、楽しい体験でした。
posted by nabay at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップ・インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック