2010年04月19日

Y's house project vol.4(相見積り)

相見積り.jpgこの計画がスタートして以来、ようやく

開発許可申請受理
   
建築確認申請提出
   
実施設計完了(見積り図完了)
   
見積り(現場説明会)

へと辿り着きました。

この計画では、複数の施工会社による相見積り(あいみつもり)方式を採用し、同じ条件で工事費を公平に競争させて受注して頂くことにしています。

施工会社1社だけに見積り依頼しても比較ができず、また競争原理すら成立しないため、適正価格で施工会社を選定できません。

見積り依頼するときは、現場説明会として現地に直接施工会社の方に来てもらい、見積り図書を渡し、現況確認をしていただきます。
その際、各施工会社は同時刻とならないように時間差をつけるのが鉄則です。
なぜなら同時刻にすると談合に繋がる恐れがあるからです。

設計事務所が設計者として入っていれば全てお任せすればいいでしょう。
もちろん新築だけでなく、リフォーム等でも相見積りをしても問題ありません。

建築工事ほど高額で身近なことなのに、工事費用は非常に不透明で曖昧な部分です。
だからと言って、安かろう悪かろうでは意味がありませんのでご注意を。
posted by suzuking at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック