2010年06月23日

打診棒

打診棒-01.jpg

学校にでも使いそうな伸縮するこの棒は、我々の業界で使用するもので、通称『打診棒』と言われています。
(パッケージには、と書かれていました。)

打診棒-02.jpgこの打診棒は、タイルの検査に使用します。
ただし、名前の通りにタイルを叩いてはいけません(タイルが割れる可能性が有ります)。
使い方は、写真の様にタイル表面を円弧を描くように、先端の球で擦ります。

すると、タイルが浮いている箇所は音が軽くなるので、接着不良箇所(タイルの浮き)を発見する事が出来ます。

タイル面すべてがチェック箇所となりますが、特に梁下など頭上に落ちてくる可能性が有る箇所は、重要なチェックポイントです。
その為、新築工事だけでなく大規模修繕や改修工事でも、タイル貼りの建物検査には、必需品の道具です。

打診棒-03.jpg単純な構造ですが、良く出来た商品だと思います。

ただし、価格が見た目以上に高く、ホームセンター等で購入すると、だいたい\3,000前後になります。

それでも、怪我をする原因が減ると考えれば、安いものです!
posted by nabay at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック