2011年02月12日

倉俣史朗とエットレ・ソットサス 展

倉俣史朗とエットレ・ソットサス 展.jpg

行ってきました。

かなりのオススメです!

本展サブタイトルの「夢見る人が、夢見たデザイン」、まさに具現化されてます。
過去にもクラマタ作品は何度か見てきましたが、いつ見ても衝撃的です!


今回の展示作品は1981年以後のもので構成されてました。
倉俣氏(1934-1991)の作品では後期のものです。

一番の見所は、かの有名なミス・ブランチ
56脚しか製作されていない名作が、4脚も展示されているとは…。
なんと贅沢な空間!!

また、デザインの裏に潜む製作技術の高さやディテールも見所です。

溶接痕や、パーツの接合部などなど、どれをとってもシンプルできれい!

両氏の生前撮影された貴重な映像も見れて、かなりの充実ぶりでした。
posted by suzuking at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック