2006年07月14日

お台場 〜進化し続ける街〜

DAIBA

先日、お台場(東京都港区台場)へ遊びに行ってきました。

現在のお台場は、アミューズメント、ショッピング、ホテル、オフィス、海浜公園、集合住宅、学校等の様々な要素が混在してできた都市空間です。
ここ15〜20年の間に、劇的に変化した東京のレジャーランドです。

20年ほど前は、広大な敷地に人や建物などは見られず、企業の倉庫が点在するくらいで雑草が生えた更地でした。唯一「船の科学館」(正確には品川区東八潮)があったくらいです。
学生の頃、「ここはノーマンズランドだ」と思いながらよくドライブしたものです。

起源を辿ると、ここはペリーの黒船来航に備えて砲台を築造した場所で、今もその当時の名残を「第三台場公園」に見ることができます。今は人があまり来ないので、のんびりするには良いところです。また、デックス東京ビーチ、フジTV、高層マンション、レインボーブリッジ等の眺めがいいです。

東京の都市空間は加速度を増して変化しつつあるので、歴史的なものを残しながら魅力ある楽しいものを期待したいです。また、そういったものに設計者として携われたらいいな、と思います。


お台場海浜公園のビーチで「あさり」が獲れます!それを食べるのは・・・ですが。
posted by suzuking at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昔はよく釣りに行きました。
潮干狩もしたし…今は、出来ないですね〜。
僕的には寂しいもんです(--;)
Posted by けんご at 2006年07月27日 22:33
都市の進化には、人それぞれですが、昔の良い記憶が掻き消されてしまう場合が多々あるように思います。ホント寂しいですね〜。
Posted by suzuking・nabay at 2006年07月30日 09:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック