2011年07月28日

新宿ゴールデン街

この前、「思い出横丁」について書きました。
「思い出横丁」で飲んで、次に向かうのは『新宿ゴールデン街』。そんな、良くあるパターン順で紹介します。
新宿ゴールデン街-1.jpg東側には「花園神社」、西側には都電跡地を遊歩道に変えた「四季の道」に挟まれた、歌舞伎町の一角に、木造長屋が細い路地に面して密集したエリアがあります。

このエリアの南側が新宿ゴールデン街商業組合で、北側の新宿三光商店街振興組合と分かれていますが、この両方を合わせてゴールデン街と呼ばれています。

歴史は、こちらも終戦後の闇市(新宿マーケット)が始まりでした。
新宿東口に有った新宿マーケットが、GHQの命令により今の位置に移転して、現在に至ります。
昔は、いろいろな噂を聞きましたが、行けば分かりますが明るく楽しい飲み屋街です。

ゴールデン街の特徴は、長屋と長屋の間を歩いて通りを移動したり、お店の大きさが3.5坪(11.57u)〜4.0坪(13.22u)と小さい割りに3階建てが多い事です。
路地に面した扉を開けると、急な角度の階段が出迎えてくれたり、お店の中が吹抜けになったりと、外観とのギャップが楽しみの一つなっています。
街の雰囲気が、老舗から若い世代による店舗までが上手く融合させ、いろいろなタイプのお店がひしめき合っている感じ良く、私はギャラリー系や音楽関係のバーがお気に入りです。
新宿ゴールデン街-2.jpg

いつも、誰か仲間と飲みに行きますが、『そろそろ一人飲みも有りかな?』と思う今日この頃です。

最後に、注意事項を一つ。
新宿三光商店街(花園街)の撮影には、申請が必要になります!
(内部の撮影は、除く)
posted by nabay at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック