2012年06月22日

小さな驚き

先日、本屋でのこと。
最近よくメディアに登場する若手建築家の本を立ち読みしていると・・・

以前、自分が設計に取り入れたコンセプトと全く同じ内容が記載されていたのです!

本の内容はあくまでもアイデアだけでしたが・・・
こちらはすでに完成した建築ですが、まだメディアには露出していないシロモノ。

もちろん、アイデアを拝借したわけではありません。
(最近、出版された本のようでした)

建築家・設計士は星の数ほどいるので、アイデアがカブっても当然な事かもしれません。

しかし、クリエーターやデザイナーはアイデアが命。

他人のモノマネではプライドが許しません。

世界的デザイナーであった故・倉俣史朗氏は、常に雑誌を見て、他人のアイデアと被らないように気をつけていたようです。

結局のところ、やったモン勝ち、というところでしょうか。


勝手な思い込みですが、
suzukingの卒業設計(1993年)はビルバオ・グッゲンハイム美術館/設計:フランク・ゲーリー(1997年完成)に似てるんです・・・。

オズボーンのチェックリスト/アイデアを大量生産.jpg


posted by suzuking at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/276736583

この記事へのトラックバック