2012年10月09日

領域

自宅のトイレには世界地図と日本地図が貼られています。  世界地図-1.jpg
子供のためにと思い、数年前から貼っています。
改めて地図を見ると様々な発見があるので非常に楽しいものです。

特に最近は様々な問題があるのでじっくり見てしまいます。

                            世界地図-2.jpg
今、問題になっている尖閣諸島、竹島を確認すると・・・  

日本の領土になっています。

ついでに北方四島を見てみると・・・

日本の領土として着色・国境線の表記がされています。

これは日本製地図なので、当然のことでしょう。


                            ミシュラン 世界地図-1.jpg
ここで、以前入手したミシュラン(2008年度版)の地図を見てみると・・・ 

尖閣諸島、竹島は省略されています。(多分小さいからでしょう)

では、北方四島は・・・                 ミシュラン 世界地図-2.jpg

ロシアの領土として着色・国境線の表記がされていました。

フランスではこのように認識しているようです。
日本の世界地図では、微妙なエリアが白色になっていてどこの領土かを限定していません。
例えば、サハリン、フォークランド諸島、西サハラなど。  ミシュラン 世界地図-3.jpg
現在日本の学校で、これらの問題をどのように教育しているのか興味深いところではありますが・・・。




そもそもなぜ人間は、そんな境界線を引いてしまったのか・・・
とにかく、宇宙飛行士・毛利衛氏の名言につきると思います。

「宇宙から見る地球には、国境がない」

地球.jpg


【関連する記事】
posted by suzuking at 19:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 特殊な領域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日、弊社のボス、カ○ビさんとの打ち合わせ帰りの雑談で
「中国の左はインドで、インドの左はヨーロッパだろぅ〜?」と発言したので、初めは冗談かと思って聞いていましたが、どうやら本気でそう思っているのが分かり、驚愕でした。。。

会社に戻り、世界地図をプリントアウトして正解を説明してあげたら、
「あれ〜俺の知らない間に変わったなぁ〜」って。。。

認知症の初期症状でしょうか。心配です。
Posted by エマ at 2012年10月24日 19:23
さすがボス!
言うことがデカいですね〜。
Posted by suzuking・nabay at 2012年10月26日 13:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/296507182

この記事へのトラックバック