2013年11月29日

ARCHITECTURE FOR DOGS

現在、ギャラリー間で行われている、『ARCHITECTURE FOR DOGS』が行われています。

世界中から建築家・デザイナー13組が、パートナーとなる13匹の犬の為にデザインされた「犬のための建築」。

私も、小学生から社会人の初めの頃まで、大型犬(秋田犬)と小型犬(シーズー)が、実家にいました。
ただし、犬小屋的なものはなく、大型犬は玄関が部屋替わりで、小型犬は1Fが全てという感じでした。その為、とても興味深く感じました。

今回の展示会で、犬が好きと言うか、犬を良く知っているなと思うものから、これは喜ぶのかな?と思うものまで有りました。
まぁ、パートナーの犬の特徴について、私も分からない事があるので、仕方がないのですが。。。

共感できた作品を、何点か紹介します。
ADOG-01.jpg

 ■DOG COOLER(BY HIROSI NAITO for SPITZ)
  犬は、暑がり。そのためを思いながら作成されています。
  アルミパイプと木の組み合わせのシンプルなデザインも
  素敵だと思いました。
  お気に入りの場所になりそうです!


ADOG-02.jpg

 ■BEAGLE HOUSE(BY MVRDV for BEAGLE)
  室内犬は、飼い主と同じライフスタイルを認識した上での
  デザイン。
  動きを意識した小屋で、休むより遊ぶ感覚でしょうか。

D-TUNNEL-1.jpg D-TUNNEL-2.jpg
 ■D-TUNNEL(BY KENYA HARA for TEACUP POODLE)
  犬と飼い主が、同じ目線になり、運動も意識したデザイン。
  特に、第2会場のボレロ的展開によるモックアップの数に
  圧倒されました。
  写真を撮り忘れましたので、後日撮影しましたらUPします。
  ※12/15:写真追加しました!

是非、犬好きには見てもらいたい展示でした。(ペット同伴は、出来ません)
posted by nabay at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック