2015年12月19日

軍艦島

今年も残すところ、あと一か月。
業界的には、新国立競技場の再コンペ民泊問題、杭偽装と、嫌なニュースが多かった一年ですが、良かった事として、軍艦島等が「明治日本の産業革命遺産」の一つとして、世界遺産になった事でしょうか。

二年前に、初めて行った『軍艦島』。
長崎県の海上約18kmに位置する島で、正式名称は端島。
石炭採掘で栄え、埋め立てにより島の拡大、そして狭い敷地に70棟を超える建物が出来、煙突から出る煙が戦艦「土佐」に似ている事で、軍艦島の愛称が付いています。
軍艦島-01.jpg  軍艦島-02.jpg

現在は、石炭炭鉱施設や木造の建物は崩壊し、鉄筋コンクリート造も構造フレーム以外は、無い状態に近いです。
崖に沿って作られた緑道(階段)、最上部の貯水槽、島を守る祠、日本初の鉄筋コンクリート造の共同住宅、海水プールを見ることが出来ます。
軍艦島-03.jpg  軍艦島-04.jpg

軍艦島-05.jpg  軍艦島-06.jpg

本来は、アパート中心部に行きたいですが、そこはストリートビューで我慢するしかありません。

この島(6.5ha)に、最盛期で5,000人を超えた人が生活していました。
TVの普及率も高く、屋上がアンテナだらけの写真を見ましたが、閉山された今でも、現地に行くと、当時のパワーを感じられると思います。

見学は、4社による午前と午後に1便ずつ有り、海上で見た後に上陸して、決まった見学ルートを約1時間堪能して終了です。
世界遺産になって、予約が取り辛いかも知れませんが、是非見て欲しいですね!
【関連する記事】
posted by nabay at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 国宝・重文・世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431372330

この記事へのトラックバック