2016年01月16日

建築展示会-2016

遅くなりましたが、新年おめでとうございます。
本年も、よろしくお願いします。

昨年の新国立競技場の再コンペによって、デザイン的なことを含め、業界だけでなく注目を浴びたことは、結果に関わらず、良い事だと思いました。

せっかくなので、今行われている建築展示会を見て、もっと興味を持って、身近に感じて頂けると嬉しいと思います。

まずは、建築界のノーベル賞とも言われるプリッカー賞を受賞した、2人の展示会です!

FrankGehry展21_21 DESIGN SIGHT
2015.10.16〜02.07
FOG-1.jpg FOG-2.jpg

以前、DVD『SKETCHES OF FRANK GEHRY』で紹介した様な、ゲーリー独特のスケッチにシルバーの厚紙による模型が展示されています。それと、ゲーリーが好きな魚をモチーフにした模型も有ります。
一番驚いたのは、CADの技術ですね。
今後のCADとなるBIM(Building Information Modeling)を、独自に入れており、複雑なデザインが、コストを含めてコントロールしていました。


Foster + Partners展森美術館
2016.01.01〜02.14
F+P-1.jpg F+P-2.jpg

森美術館の展望台とセットになった展示方式です。
こちらも、スケッチや模型が沢山展示されておりますが、展望セットのせいか、窮屈な感じがしました。
とは言え、国内でも何点か作品が有り、この規模の展示会は初なので、見る価値は十分に有ります!
やはり、構造美が素晴らしいです!!


ここからは、一般の方にはディープかも知れませんが、ここまで見ていれば、建築マニアの仲間入り確定です!!

リナ・ボ・バルディ展WATARI-UM
2015.12.04〜03.27

みなでつくる方法 吉阪隆正+U研究室の建築国立近現代建築資料館
2015.12.03〜03.13

WARO KISHI:京都に還る(GALLERY間)
2016.01.28〜03.20

『鎌倉近代美術館』誕生展(鎌倉近代美術館)
2015.10.17〜01.31
最後の鎌倉近代美術館は、この展示が最後で閉館となります。取り壊されず、保存をする為に耐震補強に入ります。
よって、次いつ中に入れるかは、不明です。
MOMK-1.jpg MOMK-2.jpg

外観だけでなく、テラスや現在公開中の中3階(旧学芸員室)を、もう一度みたいです。

少しでも、興味が出たものは有りましたか?
これを機会に、是非、建築の世界へ!!
posted by nabay at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432619937

この記事へのトラックバック