2016年03月16日

花より建築?

暖かい日と寒い日が交互に訪れ、更に花粉が飛び始める今日この頃。
そろそろ、お花見の話も出始めています。

お花見も良いけど、建築も合わせて楽しみたいと思うところが、職業柄的な病気
そこで、首都圏と、少し足を延ばして日帰り出来る箇所を、ピックアップしました。


自由学園明日館-1.jpg 自由学園明日館-2.jpg

池袋の住宅街に建ち、本数は多くありませんが、大きなソメイヨシノ等が有ります。
また、今年開催されるか分かりませんが、ライトアップされた夜桜鑑賞(お酒付き)は良かったです!



さくら広場(幕張)-1.jpg さくら広場(幕張)-2.jpg

Panasonicが社有地に開設している公園で、幕張以外に茅ヶ崎、門真、豊中に有ります。
幕張は、その中でも最大規模で、敷地面積32,000uにソメイヨシノが505本配置されており、休憩所の他、噴水や桜を上から眺める様になっている「さくら回廊」が有ります。
建築と言うより、ランドスケープです。



清春芸術村・徹(藤森照信)
茶室 徹(清春芸術村)-1.jpg 茶室 徹(清春芸術村)-2.jpg

都内の桜より開花が遅い、山梨県北杜市に有る清春芸術村。有名な建築家の建物が何棟も建っており、何度も訪れたい場所です。
桜(ソメイヨシノ)は、敷地の外周に植わっており、茶室・徹が桜の中に建っている感じがしました。



これ以外にも、お城や有名建築も有りますが、この時期にしか見る事が出来ない『桜と建築』、運とタイミングが重要な経験かと思います!
posted by nabay at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築・ランドスケープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434975239

この記事へのトラックバック