2017年02月12日

2017建築情報

早いもので、今年も一月が過ぎました。

この一年も、街の中には新しい建物が誕生します。
今までは、展示会だったり、建った後の見学紹介をしていましたので、別の視線で情報を上げたいと思います。それは、これから竣工・開業する建物情報です。

流石に、全国的には分かりませんので、首都圏を中心に何点かを紹介します。
(パースや一部の写真は、各関係HPより拝借しました。)

GINZASIX(基本設計+外観デザイン:谷口吉生)
東京都中央区
GSIX-000.jpg  GSIX-001.jpg
銀座松坂屋跡地に建つ、店舗・事務所・文化交流施設です。
左が完成予想図(パース)で、右が、足場が外れた現時点。風除室とガラスと金属の使い方に、設計者の特徴を感じました。ディテールからの、美しさがあります。
開業は4/20予定で、立地と大型店舗と言う事で、銀座の新しいランドマークになりそうです。



ミキモト銀座4丁目本店(ファサードデザイン:内藤廣)
東京都中央区
MIKIMOTO-GINZA-000.jpg  MIKIMOTO-GINZA-001.jpg
同じ通りにある、建替え工事です。
ジュエリーブランドらしく、約4万個のガラスピースを使ったファサードデザイン(左)。現地で見ると、小さなガラス板がブラインド状に壁面を覆っていました。光が当たるとどう見えるかが楽しみですね(右)。
6/1に、グランドオープンします。



柏の葉 T-SITE(設計:クライン ダイサム アーキテクツ)
千葉県柏市
kashiwa-no-ha.jpg
三井不動産の事業「柏の葉スマートシティ」に一角に建つ、代官山T-SITEから始まった4番目のT-SITEになります。書店・飲食・物販店による、複合施設。
オープン予定は、春オープンみたいです。。。



(仮称)鎌倉歴史文化交流センター
(既存建物設計:ノーマン・フォスター) 
神奈川県鎌倉市
Kamakura.jpg
一年ほど前に、ノーマン・フォスター展で知った情報が、遂に4月に完成予定。
ノーマン・フォスターが設計した専用住宅を、鎌倉の歴史を学ぶ施設に用途変更し、最終的には鎌倉博物館の一部となるようです。



富士山世界遺産センター(設計:坂茂)
静岡県富士宮市
FUISAN.jpg
富士山のすそ野に、12月開館予定の文化施設。
逆さ富士とは反対のデザインで、水面に富士山形状が見れるデザインになっています。
静岡に帰省する時に、見に行く予定です。


SONY-B.jpgこれらの新築物件に対して、今年で閉鎖される物件も有ります。

銀座のSONYビル(設計:芦原義信)は、3月に閉館し解体されます。
その後、公園になって、2022年に建替えられるそうです。

やはり、商業施設は、移り変わりが速いですね。
解体される前に、是非見に行きましょう〜!
posted by nabay at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック