2007年10月26日

chair cafe

chair-cafe-1.jpgパークハイアット東京が入っている新宿パークタワーの1Fにある『chair cafe』を、ご存知ですか?

良くあるコーヒーショップとは異なり、約30種類のイスを選ぶ事が出来ます。選べるイスは、1930年代のフィンランドの巨匠アルヴァ・アアルトによる『No.66』から、ミッドセンチュリー代表のヴェルナー・パントンの傑作『PANTON CHAIR』に、世界的にも有名な日本人デザイナーの一人である吉岡徳仁の『Kiss Me Goodbye』など、時代もデザイナーも豊富です。

chair-cafe-2.jpg私はカウンターに座ったので、フィリップ・スタルクの『EMECO BARSTOOL』に座りました(写真2枚目)。

chair cafeにあるイスは、新宿パークタワー内のOZONE館で取り扱っているそうです。
ショプでも高価な為、気軽に座れない方も多いかと思いますが、ここなら気に入ったイスに気軽に座ってみたり、触ったり座ったりする事で、自分に合っているかが確認できると思います。

個人的には、もう少し自分好みのイスがあればと思います。
ヘリット・トーマス・リートフェルトの『ZigZag』や、フランク・オーウェン・ゲーリーの『Wiggle Side Chair』などが有ると嬉しいですね。
あと、カウンターのイスが『EMECO BARSTOOL』だけなのが、少し残念です。この辺は、今後に期待したいと思います。

これから、ショップや美術館などでイスやテーブルなどの名作が置いてあれば、紹介していきたいと思います。

chair-cafe-3.jpg
posted by nabay at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップ・インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック