2007年11月02日

調布のイベント

調布飛行場
10月28日(日)の東京は、台風が過ぎ去ったお陰で晴天に恵まれました。ちょうどこの日は、年に1度開催される「調布飛行場まつり」の日なので、息子と友人親子の4人で行って来ました。

普段は立入禁止となっている駐機場や格納庫の一部を開放し、大島御神火太鼓、郷土芸能などの催し物があったり、セスナやヘリコプターなどの小型機を間近で眺められます。
また、管制塔の見学(当選者のみ)、スカイダイビング(災害時緊急降下のデモンストレーション)、体験飛行(これも当選者のみ)など飛行場まつりならではのイベントばかりです。屋台はもちろんのこと、飛行機関連のパーツやグッズも販売していました。

調布飛行場は、新島、大島、神津島との間をコミュータ航空で結ぶ離島航空路線の拠点として極めて重要な役割を果たすほか、防災、医療、消防など緊急活動にも使用されており、地域航空の拠点としても大きな役割を担っています。
当日は閉まっていましたが、この飛行場内には飲食店「プロペラカフェ」があり、飛行機の離発着を間近に見ることができます。さらに、すぐ隣が格納庫になっていて、ずらりと並んだ整備中の飛行機を眺めることもできます。店内にはフライト・シュミレーター(実際訓練に使われている本格的なもの)があり、10分1500円で体験することも可能です。カフェの椅子は、ロン・アラッドデザインのTom Vac(トムバック)、ヴェルナー・パントンデザインのパントンチェアで、好みのほうに座れます。
セスナ機の離着陸は音がうるさくないので、小さいお子さん連れの家族やカップルで行くには十分楽しめるところです。

その後我々は、隣接する味の素スタジアムで「FC東京 VS 川崎フロンターレ」を観戦!「親子でJリーグ観戦」という抽選が当選したため、親子で1000円という格安にてホーム自由席に入場出来ました。
試合のほうは、ホームであるFC東京が7失点という大失態を繰り広げてしまいました。

どちらも家族で楽しめる1日となりました。

*11月3日(土)9:00〜15:00は入間基地で入間航空祭があります。
 ブルーインパルスによる曲技飛行などのイベントが盛り沢山らしいです。

味の素スタジアム1  味の素スタジアム2
posted by suzuking at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック