2008年01月28日

土門拳写真展「日本のこころ」

DOMON

現在、武蔵野市立吉祥寺美術館にて、リアリズム写真を確立した写真界の巨匠:土門拳写真展「日本のこころ」が開催(2月11日まで)されています。

実は土門拳作品を直で鑑賞するのは初めてで、写真集では何度か見ていましたが一度くらいは、ということで見に行ってきました。
この写真展は、(財)土門拳記念館所蔵の作品120点を展示しており、風貌(著名人の写真)・古寺巡礼(室生寺、平等院鳳凰堂や仏像)、筑豊のこどもたち、などの選りすぐりの傑作で構成されていました。

個人的に目を引いたのが、古寺巡礼の作品群で、今まで写真集でみたものと全く違うものに見えたのです。二次元で表現される写真にも関わらず、それらは立体的に見えて、また土門拳独自の被写体に対峙するエネルギーと、被写体が放つオーラのようなその場の空気感が漂ってきました。

実物がそこにあっても、実物を何度見ていても、実物以上に実物であり、何度見た以上に見せてくれる写真が本物の写真というものである」という土門拳の言葉が実感できたと思われます。

被写体となっている寺院や仏像もさることながら、土門拳記念館(設計:谷口吉生)へも一度は足を運び、体験してみたいものです。

ちなみに、武蔵野市立吉祥寺美術館ではロビーに名作チェア:Red&Blue Chair(デザイン:G.T.リートフェルト)、美術館内にリチャード・マイヤーがデザインした椅子アルテック No.41 バイオミ(デザイン:アルバ・アアルト)があり、座りながらの鑑賞ができます。
入館料100円でのこの写真展は、十分満足できるものと思われます。
posted by suzuking at 15:13| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして CG-OFFと申します。北九州市で
JWWとスケッチアップと3DCG ちょっと言わせて!
http://kenpre.blog77.fc2.com/
CAD、3D素材 無料ダウンロード
http://mdesign.blog.shinobi.jp/
以上のブログをしています。
何かの参考になれば幸いです。
Posted by cg-off at 2008年02月02日 10:53
cg-offさん、はじめまして。
blog拝見しました。無料なんて、凄いですね。
素材集、今後も期待しています!
Posted by nabay・suzuking at 2008年02月06日 00:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック