2008年02月25日

モアレ

モアレ(養生シート)
とある建築現場で撮影した仮囲いの写真です。
網目状の養生シートを二重張りしたため、モアレ効果による幻想的な模様が浮かび上がっていました。また、街路樹の陰影や斜めに横断するブレース材などの様々な要素が絡み合い、綺麗で面白い映像効果が出来ています。

モアレとは、干渉縞ともいい、規則正しい繰り返し模様を複数重ね合わせた時に、それらの周期のズレにより視覚的に発生する縞模様のことで、モアレそのものも周期を持ち、この周期は元になる模様の周期の組み合わせで決まるようです。
身近なところでは、窓に設置されている網戸とレースのカーテンの網目模様が干渉し合って、モアレ現象を起こすことがあります。

この現象は、分野によって全く異なった扱われ方がされており、印刷・テレビ画面などにおける表現では、望ましからぬものとして取り除かれる対象とされ、またアート・ファッション・インテリアなどではこの現象を、有用なものとして利用されるケースが多々あります。

建築の分野でもデザイン手法の一つとしてよく利用され、外壁や内部のパーティション・天井、ショーウィンドーなどで見かけることが出来ます。
モアレ現象を起こす壁面を見ながら自分も動くと、壁面の縞模様も動き出す映像効果が得られるので、設計者やデザイナーにとっては、完成されたメディアを単に投影して壁面に映し出すよりも、このような現象・錯覚による映像を建築の一部に取り込むことは魅力的です。


モアレ1   モアレ2
posted by suzuking at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック