2008年04月01日

シャッフル!日本建築

トランプ-01.jpg
以前から気になっていた、南洋堂書店のウェブショップに描かれていた建築家のイラスト。1967年生まれで「日経アーキテクチャー」副編集長、原稿書くよりイラスト描く方が得意という宮沢 洋氏による作品です。
「このイラストが本になれば買うのに」と思っていたところ、なんとトランプ(シャッフル!日本建築)となって登場しました。建築家は、日本人建築家12名外国人建築家4名の16名(ジョーカー除く)と少ないのですが、残りは建築のイラスト(36枚)となっています。

イラストは、トランプのマークに合わせて4種類に分類されています。
 スペード:様式建築
 ハート :モダニズム
 クラブ :1960年代以降のポストモダン
 ダイヤ :1990年以降のスーパーフラット
また、大きい数字から小さい数字になるにつれて、建物も新しい年代の建築になっています。

ポーカーなどのカードゲームをしていても、好きな建築を集めてしまいそうです。
私が、今後見に行きたい建築で5枚集めてみました。
トランプ-02.jpg
(写真左から、宇部市民会館豊田市美術館軽井沢の山荘馬頭広重美術館桂離宮)
結果は、ワンペアとなりました。

トランプのゲームの一つで、マージャン的な要素が強い『セブンブリッジ』なら、オリジナルの建築の役を作ることが出来て楽しいかなと思いました。
posted by nabay at 13:01| Comment(4) | TrackBack(0) | プロダクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです〜
懐かしい…軽井沢の別荘は…学生のとき課題でバルサだけを使って模型を造りました。
Posted by KON at 2008年04月01日 17:25
KONさん、こちらこそです。
軽井沢の山荘は、吉村順三建築展で図面を見て、それまで以上に本物を見てみたいと思いましたが、未だに見る事が出来ていません。
近いうちに、外観だけでも見に行きたいと思っています。
Posted by nabay・suzuking at 2008年04月01日 21:25
課題で模型を造ったのは30年近く前で…その頃でボロボロ(変な表現ですが(^^ゞ)でしたよ…屋根上の物見台は朽ち果ててました(^^ゞいまはも〜無いかもしれませんね…有っても1FのRC部分だけかも(^^ゞ
Posted by KON at 2008年04月10日 10:33
KONさん、どうもです。
私(nabay)は模型が得意じゃないので、完成してもイマイチな雰囲気が出てしまう事、多かったですね(笑)。
納得いった模型が少ないこと、少ないこと・・・でも、良い思いです。
Posted by nabay・suzuking at 2008年04月11日 00:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック