2008年05月25日

DIY

DIY.jpg現在、6月2日に開院予定の『新橋丁目歯科』の内装設計に携わっています。『新橋丁目歯科』は、suzukingの親友である清沢先生の新しい医院となります。

今回は間仕切りの新設や移動を極力さけて、床や壁材等の内装変更に家具等の選定をしました。詳細は完成後にBlogでUPしますので、途中段階の1シーンを報告します。
施工に関しては専門業者にお任せしていますが、トイレの内装だけは我々で最終仕上げをしました。

WC-1.jpg WC-2.jpg

久し振りのDIYは、点検口・便器のタンク・換気扇の機能を失われない様にするだけでなく、出来る限り壁や天井をキズ付けない様に考えました。
(:施工前 ・ :施工後)
まず、壁にある点検口を隠すことから始めました。ブラインドを活用して、点検口を隠したのですが、トイレの空間は狭いので足場が無かったり、高さを合わせるのに苦労しました。
次に、照明を間接照明に変更しました。天井の電球を隠し、壁に上下からの光を当てることで壁面に立体感が出て、落ち着いた雰囲気にしました。

計画途中で、ロータンク上に荷物置の棚が必要となり、材料を急遽買い足したりしましたが、棚下から漏れる光のラインが出て良い効果が得られました。

DIYをする場合、まず現地で寸法をあたり材料をそろえます。それから、施工する前に仮組(モックアップの意味で)をする事をおすすめします。仮組で思った様な効果が出ているか確認したり、更にそれ以上の発展できるかを考えたりします。

今回のDIYは満足できる内容でしたが、今後も物造りは続くので工具を揃えたいと思いました。
posted by nabay at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック