2012年10月09日

領域

自宅のトイレには世界地図と日本地図が貼られています。  世界地図-1.jpg
子供のためにと思い、数年前から貼っています。
改めて地図を見ると様々な発見があるので非常に楽しいものです。

特に最近は様々な問題があるのでじっくり見てしまいます。

                            世界地図-2.jpg
今、問題になっている尖閣諸島、竹島を確認すると・・・  

日本の領土になっています。

ついでに北方四島を見てみると・・・

日本の領土として着色・国境線の表記がされています。

これは日本製地図なので、当然のことでしょう。


                            ミシュラン 世界地図-1.jpg
ここで、以前入手したミシュラン(2008年度版)の地図を見てみると・・・ 

尖閣諸島、竹島は省略されています。(多分小さいからでしょう)

では、北方四島は・・・                 ミシュラン 世界地図-2.jpg

ロシアの領土として着色・国境線の表記がされていました。

フランスではこのように認識しているようです。
日本の世界地図では、微妙なエリアが白色になっていてどこの領土かを限定していません。
例えば、サハリン、フォークランド諸島、西サハラなど。  ミシュラン 世界地図-3.jpg
現在日本の学校で、これらの問題をどのように教育しているのか興味深いところではありますが・・・。




そもそもなぜ人間は、そんな境界線を引いてしまったのか・・・
とにかく、宇宙飛行士・毛利衛氏の名言につきると思います。

「宇宙から見る地球には、国境がない」

地球.jpg


posted by suzuking at 19:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 特殊な領域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

オンカロ(Onkalo)

現在、フィンランドで「特殊な領域」を建設中です。
それは、放射性廃棄物最終処分場として、地下500mにも及ぶ空間「オンカロ」。

オンカロ.jpg


そして、この建築は10万年の耐久性を維持しなければならない使命があります。
なぜなら、廃棄物から出る放射線が生物にとって安全なレベルに下がるまで少なくとも10万年かかるとされ、それらを封印するためです。

オンカロが完成し、放射性廃棄物を内部に封じ込めてから10万年が経過する間には、地球規模の地殻変動や氷河期などの気候変動により、一切の生物は滅亡し、新たな生物が誕生しているかも知れません。

その間もオンカロは、10万年後の生物のために、安全に機能していなければならないのです。

しかし、10万年といってもピンときません。
今から10万年前は、現代人(ホモ・サピエンス)がアフリカを出て世界各地に拡がった頃だと言われています。
また、人類が建造した中で、現存する世界最古のものではないかと言われている「マルタの巨石神殿群」ですら、今から約7000〜8000年前。
10万年は、その10倍以上という天文学的な数字を物語っています。

マルタの巨石神殿群.jpg


現在、日本でも、低レベル放射性廃棄物は埋設処分を基本とし、高レベル放射性廃棄物は安定な形態に固化した後30〜50年間冷却貯蔵を行い、その後300メートル以深の地下に処分(地層処分)する計画としています。

日本の放射線廃棄物最終処分場.jpg


オンカロや日本での地下深層処分場が絶対安全であるかどうかは、3.11の震災で学んだこと。

ただ、核兵器を開発しはじめた1940年頃から1993年までに、世界13カ国で行われていた核廃棄物の海洋投棄に比べればマシなのかも知れません。


便利な代償としてのツケがまわって来たのでしょうか。
やはり、根本は生命や環境に害を及ぼすものは作り出さないことですね。
posted by suzuking at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 特殊な領域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

横田基地

先日、小雨降る中「横田基地友好祭2011」へ。
普段滅多に立ち入ることができないエリアなので興味津々でした。

第一印象は、広い!
調べると、南北約4.5km、東西約2.9kmで基地総面積7.136ku。
沖縄県以外の日本では最大のアメリカ空軍基地だそうです。

建築たちは、ベージュを基調とした機能的な施設や倉庫。
格納庫は鉄骨で巨大空間を構成し、巨大な扉(引き戸)で開閉できるようになっています。
基地内は治外法権のため、建築を設計・施工する場合、アメリカの建築法が適用されるのかと、ふと思ってしまったのだが・・・やはりそうなのだろうか?

友好祭では出店もたくさんあり、ビッグサイズのステーキやハンバーガー等盛り沢山。
とても日本とは思えないアメリカンな感じです。

横田基地-1.jpg
                基地名物?「横田線」

横田基地-2.jpg
         滑走路に展示された戦闘機等々。壮観な風景!

横田基地-3.jpg
         格納庫ではイベントも行われていた。

A-10C-サンダーボルト㈼.jpg
         A-10C サンダーボルトU

F-15Eストライク・イーグル.jpg
         F-15E ストライク・イーグル

F-16-ファイティング・ファル.jpg
         F-16 ファイティング・ファルコン


とにかく小雨と風の中、8月とはいえ寒いくらい。
しかし普段見れないものがたくさん見れて貴重な体験となりました。
posted by suzuking at 21:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 特殊な領域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする