2014年05月29日

2014W杯

またこの時期が来ました〜♪
4年に一度の大イベント『FIFAワールドカップ・ブラジル大会』が、6/13〜7/14に開催されます。

2014W-CUP.jpg日本代表も、今回で五大会連続の5回目となり、前回はオランダをはじめとする強豪国と争い、予選も突破。
そして、Jリーガーが海外チームに移籍するのが珍しくなくなり、有名なクラブチームに日本選手が居る。。。
一昔前では、信じられない状況です。

今大会は、この四年間でどれだけUPしたかを、見せてもらいたいと思います!
とは言っても、予選グループCは曲者揃いのイメージで、楽観視は出来ません。

Group-C.jpg

      6/15()vsコートジボワール(21位)
      6/20(金)vsギリシャ(10位)
      6/25(水)vsコロンビア(5位)

日本のFIFAランキングは、47位(2014.05.08時点)。1勝1敗1分(勝点4)が予選突破の最低ラインになるかと思います。


今大会は、スタジアムの完成が遅れたり、現場で事故が有ったりと、不安なニュースが流れましたが、無事に開幕して最高の大会になればと思います。


選手は、国土面積が日本の約22倍も有るので、スタジアム間の移動距離(約2,770km)と気候に負けないで欲しいです。

我々は、夜中から朝方の試合が多いので、やはり眠気でしょうか。。。
posted by nabay at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月16日

茅の輪くぐり

小正月を向かえ、やっと新年初のBlogを更新します。
本年も、よろしくお願い申し上げます。

年末年始は、暦通りで、9連休を過ごされた方も多いと思います。
なんとなく正月気分が抜けないまま、三連休。
今週から、一気に加速しましょう!

初詣には遅い1/11に、昨年に続き、築地の波除稲荷神社へ行きました。
こちらを選んだ理由は、「災難を除き波を乗り切る」波除稲荷様で、災難除け・商売繁盛等にあやかりたいのと『茅の輪くぐり』が有るからです。
茅の輪くぐり.jpg

この『茅の輪くぐり』ですが、輪を中心に、八の字を描くように回り、穢れを祓う行事。
私の場合、年越の祓(としこしのはらえ)を、毎年、年明けに行っています。
そして、6月末の夏越の祓(なごしのはらえ)を、今までした事が無かったです。

今年は、忘れずに行こうと思います。
posted by nabay at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

更新しないと!

ご無沙汰になりました。

我々の業界で、マンション等の共同住宅に関わると、年末から年度末が忙しくなる事が、良く有ります。

これは、年度末に転勤・入学が控えており、それに合わせて新居へと言う流れが有るからです。
その為、建築の竣工と検査が増えます。
また、1年後に竣工する建物の着工時期でも有ります。
つまり、竣工から着工への変換期で、一方では検査、一方では作図して申請となり、ドタバタとする事が度々。。。

blog-CM.jpg


このblogも、ちょっと書かないうちに、ついに広告が出てしまいました。
とは言え、フリーで使わせて頂いているので、60日間投稿が無ければ広告が出るのは、他のサイトと比べても助かります。

今後は、まめに更新できるようにと、思います!
posted by nabay at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

謹賀新年

新年おめでとうございます。

年末年始は特に遠出もせず、マッタリと過ごしておりました。

このままではマズイ! と思い、気合いを入れてサイクリングへ。

片道1時間半掛けて、多摩湖へ到着。
遠くには富士山、そして西武ドーム。
静まり返った湖畔はとても綺麗で、心が洗われるようでした。
多摩湖.jpg


ついでに掬水亭西武遊園地(ともに池原義郎氏設計)を見学。
細やかなディテールに関心しつつも、人気の無さに時代を感じてしまいました・・・。
掬水亭.jpg



なるべく体動かして、いろんなもの見て、仕事に還元できたらと思います
それでは本年もどうぞよろしくお願いいたします。

posted by suzuking at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

節電対策として

今年の夏は、昨年の事を踏まえて、昨年以上に節電を考えて過ごしたいと思います。

建物での節電対策としては、断熱性能を高める事が一般的でしょう。
それは、今月の頭に震災地を除く地域で終了した住宅エコポイントも、断熱性能に重点をおいた内容からも言えます。
断熱性能は、屋根・外壁・床で、外気に対して外側や内側に断熱材を使用し、かつ窓のガラスをペアガラス(空気層が入ったガラス)にする事で、断熱性能が上がります。
これにより、冷暖房の効率化が得られます。

P-Curtain.jpg新築以外や賃貸で、リフォームが出来ない場合の方法としては、遮熱カーテンが有ります。

私が使用しているのは、無印良品から発売されているUVカットをするプリーツカーテンです。

サーキュレ-ター.jpgまた、事務所で活躍しているのが、サーキュレーターです。

これを使う事で、室内の空気を循環させ、冷暖房の効率化が計れます。


DOKODEMO-ICENON.jpg最後は、昨年よく使った冷感スプレーアイスノン等です。
これらの、直接体を冷やすタイプも、結構効果的でした。


無理はしないで節電しようと思う、今日この頃です!!

posted by nabay at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

ネットサービスいろいろと

事務所のBlogを始めたのは、2006年。
当時は、ホームページよりBlogの方が操作しやすくて、世間的にも拡がっていました。

その頃から、国内SNSの一つmixiが流行し、ここ数年ではTwitterFacebookと、沢山のサービスが登場しました。
それに合わせて、新聞記事やHPに各サービスのリンクするソーシャルボタンが登場。
コメントやトラックバックするより、気楽で簡単なので、私も良く利用します。

と言う事で、遅まきながらも、このBlogにも設定しました。
SB.jpg


個人的には、Blogとmixiが主体で、Facebookはとりあえず登録している様な状況。

LINE.jpgそれなのに、新しくLINEも登録。
こちらは、知り合いとチャットをする感じのメールサービスです。
それと、無料通話が魅力的ですね(通信料は、別途)。

LINEだけでなく、これら全てを、上手く使いこなせるかが課題です(笑)。

何かが急に変わる事は無いと思いますが、mixiで有効な情報と知り合いが出来た様に、ここから新しい拡がりや懐かしい出会いが有ればと、思います!
posted by nabay at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

浜松ジオラマファクトリー

週末は、私用で静岡に帰省しました。

土曜の新聞に載った、『浜松ジオラマファクトリー』。
場所は、浜松市の中心部にあるザザシティ浜松中央館(3F)で、会場には、浜松市出身でテレビ東京系列「TVチャンピオン」にて何度もチャンピオンになった山田卓司氏の世界が拡がっていました。

私も小学生の頃に、プラモデルを作り、パウダーを使ったりしてジオラマにも挑戦した事は有りますが、レベルが違いすぎます。
もちろん、我々業界の建築模型とはジャンルが異なります。

浜松DioramaF-1.jpg

昭和の懐かしい情景」や「ミリタリー」に「特撮ヒーロー」をテーマにしたジオラマが、約70品の展示作されていました。そのどれもが、瞬間を切り取ったかの様で、人の表情や動きに瓦礫や小物までリアルに表現されていました。
実際、目線を合わせて撮ると、その雰囲気が良く伝わります。

基本的に撮影は禁止ですが、3点(昭和の懐かしい情景)のみ撮影可能でしたので、紹介します。
浜松DioramaF-2.jpg 浜松DioramaF-3.jpg 浜松DioramaF-4.jpg

他に、特撮ヒーローではウルトラマンやガンダム、あと浜松まつりのジオラマも有りましたので、誰もが楽しめる展示会です。
また、浜松の中心部を活性化させる為のイベントとの事ですので、大勢の人に見て欲しいですね。
posted by nabay at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

歌舞伎

歌舞伎鑑賞をしました。
といってもプロではなく、ボランティアとして農村歌舞伎を保存活動している「あきる野座」。
東京都指定無形民俗文化財の指定を受けてます。

歌舞伎鑑賞は2回目。
高校生のときに歌舞伎座で鑑賞して以来です。

今回の舞台は、小学校の体育館でした。

演目は、「壽三番叟(ことぶき さんばそう)」と「義経千本桜 二段目 伏見稲荷鳥居の場」。

始まる前、子供も楽しめるように歌舞伎の解説や見所、ストーリー等の説明がありました。
(それでも子供には少し難しかったでしょう・・・)

学芸会的なノリが少々あったものの、雰囲気は感じることができました。

でも、こういう伝統芸能はライブで空気感・緊張感・間(ま)を感じることが大切。
子供にとってはいい体験になったでしょう。
大人としても、ちょっと敷居の高い歌舞伎に触れる良い機会となりました。


ただ、歌舞伎という芸能を考えたとき
メイク・衣装・一つ一つの動作や仕草などがデフォルメされ
見応えはあるものの
ストーリーとしては面白いとは言い難い気がします・・・。

歌舞伎の演目に幅をきかせて
誰もが知っている歴史のワンシーンや現代劇などを取り入れたら
もっと面白くなるのでは・・・。

こんな考えは邪道なのでしょうか?

     あきる野座.jpg
posted by suzuking at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

家守

』と書いてヤモリと読みます。
家守.jpg

写真のヤモリは、全長が約10cmで、住んでいるアパートの外壁で良く見かけるニホンヤモリです。

人家の近くに生息し、灯火に集まる不快な虫を食べるので、昔から家の守り神と言われています(イモリは、戸をる)。また、家が守られているので繁栄するとも!

私の場合は、もともと爬虫類とかは苦手でない上に、とても有り難い名前に、毎年会う度に何となく安心感を覚えます(今夜は、玄関扉にいました)。
逆に、苦手な方も居るかと思います。
ニホンヤモリは、益虫だけでなく、東京都ではレッドリスト(東京都の保護上重要な野生生物種)に入っています。

縁起物だと思って、出来る限り共存をしましょう!
posted by nabay at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

東北関東大震災

東北地方太平洋沖地震により被災を受けられたみなさまに、謹んでお見舞いを申し上げるとともに、一日も早い復旧復興を心よりお祈り申し上げます。



You tubeで見つけた動画です。
心温まるエピソードや、世界中から届いた感動のメッセージ。




また、建築家:坂茂氏が被災者のために、簡易間仕切りを改良して作る活動を開始し、現在準備を進めているようです。

http://www.shigerubanarchitects.com/SBA_NEWS/SBA_news_5.htm
posted by suzuking at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

どうなるW杯誘致!?

W杯2002.jpg早いもので、今年もあと1ヶ月です。

明日(12/2)は、2022年サッカーW杯の誘致に向けて、国際サッカー連盟(FIFA)理事会での開催地選定投票があります。


2002年の誘致運動の頃は、『W杯に出場した事無いのに、W杯誘致?』とか『自国開催で、初出場なんて事にならないだろうなぁ〜?』と思っていました。でも、TVCMが有ったりと、今回と比べると動きが大きかった気がします。

今回のライバルは、韓国・アメリカ・オーストラリア・カタール。
アメリカは28年振りの開催を、韓国は2002年の時の共同開催国なので日本と同じで初の単独開催を目指し、オーストラリアとカタールは初開催を狙っています。

このままだと、東京オリンピックに続いて負けそうな気がします。。。
でも、日韓ワールドカップ以来になりますが、もう一度この目でW杯を見たいです!
posted by nabay at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

サッカー審判員

     サッカー4級審判ワッペン.jpg

まったく建築とは関係ありませんが・・・
JFA(日本サッカー協会)4級審判員の資格を取得しました!

4級審判員は、都道府県サッカー協会を構成する支部および地区/市区郡町村サッカー協会の傘下の団体、連盟等が主催する試合の主審を行なうことができます。

講義後にテストを行い、70点以上(25問中18問以上)で合格する4級審判員。
この講義で、審判に求められる要素が4つあると教えられました。
その要素とは、

 ・知識
 ・技術
 ・体力
 ・パーソナリティー(人格)

で、特に現代サッカーで重要視されるのがパーソナリティー(人格)だそうです。
そして、選手や観客などに尊敬される存在でなければならないと。


よくよく考えてみれば建築家に求められる要素と同じではないか!!
やはりもっと精進せねば!
posted by suzuking at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

イヌのいえ(1day house)

建 設 地・・・Suzuking リビング
建築規模・・・平屋建て
延床面積・・・1.0u
建物最高高さ・・・0.6m
構  造・・・壁式ダンボール造
基  礎・・・ベタ基礎
仕 上 げ・・・内外壁、床ともダンボール素地仕上げ
       (一部設計者のドローイングあり)
工 事 費・・・アイスクリーム程度
工  期・・・平成22年8月26日〜27日
竣工引渡・・・平成22年8月28日
設計施工・・・Suzuking Jr.

設計コンセプト
室内小型犬の1日限りの家として、機能的でストレスを感じさせないように、大胆にも屋根を設置しない、開放的な空間を試みた。
また、開口部もランダムにスリット窓を設置して、採光・通風の確保に配慮した。
さらに、建築を地盤に固定せず、家具のように好きな場所へ移動できる、仮設的で非建築なものを構築した。

      イヌのいえ-1.jpg  イヌのいえ-2.jpg

注:設計施工に関してSuzukingは一切関与していません。
posted by suzuking at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

2010年W杯

FIFA2010Logo.jpg5/10に、2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会日本代表選手が発表!
インターネットによる生中継もあり、我々も発表を楽しみにしていました。
個人的には、『何で?』と思う点も有りましたが、選ばれたメンバーが活躍する事を期待し、応援するだけです。

今回、日本代表のグループEには、私が応援しているオランダの他に、デンマークカメルーンが入っています。
過去に1度(2002年)しか予選突破をしていない日本代表。正直、今回の予選突破は、今までの中で一番厳しいかと思います。

とにかく、日本代表の発表でのサプライズではなく、予選でのサプライズを期待します。オランダと一緒に突破したら、とても嬉しいですね。


今大会の予想をしてみました。
予想(Nabay).jpg 予想(Suzuking).jpg

(左:nabay・右:suzuking)


開幕まで、1ヶ月を切りました!とても楽しみです。
posted by nabay at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

この前の週末で、都内の桜も散り始めました。
去年は、建築見学を兼ねて桜鑑賞しましたが、今年はタイミングが悪くゆっくり見る事が出来ませんでした。

それでも、通勤中や移動中に見える桜には、心癒されます。

中学に入学する時に、桜の苗木(約1.0m)をいただき、実家の庭に植樹しました。
最初の頃は、私の扱いも悪くて、花も咲かずなかなか成長しませんでしたが、私が大学入学後にグングン育ち、今では近所で一番目立つ木(約5.0m)となっています。
なかなかタイミングが合わず、満開になった桜を見る事は叶いません。それでも、これまでに3〜4回は見る事が出来ました。
満開の桜の下で、コーヒーを飲むのが好きです。
SAKURA-1.jpg SAKURA-2.jpg

写真は、昨年の散り始めの頃です。今年も、きっと満開だったでしょう!
posted by nabay at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

冬空

今年も、残すところ半月を切りました。
一気に冷え込み、本格的な冬に突入した感じです。

AOYAMA-TOWER.jpg ONE-OMOTESANDO.jpg

この時期の空は、雲が少なく空気が澄んでおり、青空がとても深く綺麗に見えます。
これは、他の季節と比べて冬は空気中の湿度が低く、「雲」「霧」「もや」等の発生が少ないからだそうです。

その為、冬に撮る建築写真は、青いキャンバスをバックに撮影した雰囲気になります。
また、落葉樹の葉が落ち視界が開けるので、建築見学に良い時期と言えるでしょう。
唯一残念なのは、日が出ている時間が短い事ですが、マジックタイムも綺麗に撮影出来るので、撮影も含めて考えると、この時期が一番ですね。
(写真は、吉村順三氏設計:青山タワービル(左)と隈研吾氏設計:ONE表参道です。)

091218.jpg

本日の事務所前。とても綺麗な青空です。
posted by nabay at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

寂(さび)

時間の経過とともに刻まれる味わい、「さび」。
外国ではパティーナ(ラテン語)と言うと通じるようです。

時間が作り出した形や色彩や表情は、独特の深み、豊かさ、美しさがあり贅沢な産物です。
そんなことを意識して、建築の表情に時間が記憶されていくような設計が出来ないか、最近考えています。

寂がテーマの建築として、以前聞いたものがあります。
写真家・浅井慎平氏が私設美術館(海岸美術館/1991年竣工)を設計依頼した際に、建築家・石井和紘氏にこんな注文をつけたそうです。

「ブルージーンズのような建物を造ってほしい」

つまり、使い込むほど、汚れてくるほど、味わいが出てくるような建築。
まだ自分はその美術館を見に行ったことはありませんが、きっといい味が出ていることでしょう。

物も人も建築も、味わい深く時間を重ねていきたいものです。

         海岸美術館.jpg
posted by suzuking at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

F1日本GP 鈴鹿サーキット

『ただいま鈴鹿。おかえり日本グランプリ。』
このキャッチフレーズと同じ気持ちになって、三年ぶりの鈴鹿サーキットF1日本GPを観戦してきました。

通路にグランドスタンドと大規模な改修(約200億円)が施され、三年前と比べ、各エリアの席が綺麗になり(全席指定に変更)、通路が広く通りやすかったです。
個人的に残念なのは、HONDASUPER AGURIが撤退してしまった事です。。。

F1-SUZUKA.jpg今年は、立体交差から110Rに向かうG席を主体に、3箇所のエキストラ・ビューエリアで観戦しました。
レース結果は、もう沢山のBlog等に書かれていますので、レース後の話題を!

SUZUKA-MAP.jpg

西コースウォーク
今回初めての試みとして、レース終了後に西コースを開放して、コース上を歩けるイベントが有りました。
COURSE Walk-1.jpg COURSE Walk-2.jpg

COURSE Walk-3.jpg COURSE Walk-4.jpg

西コースとは、デグナーカーブから始まり立体交差の下を通り、110Rにヘアピン、200Rからスプーンカーブへ、最後に西ストレートから130Rまでになります。

COURSE Walk-5.jpg COURSE Walk-6.jpg


COURSE Walk-7.jpg COURSE Walk-8.jpg


TV映像では分かり辛いのはもちろんですが、観戦席で見る以上に、コースの高低差が激しい事に驚きます。
また、タイヤ痕にタイヤカス、縁石の段差に排水溝と、普段間近で見る事が出来ないので、とても貴重な体験となりました。

来年も、このお祭り感覚とエキゾーストノートを体感しに、鈴鹿へ行きたいと思います。

その前に体験したい方は、今週末(10/10・11)に東京・お台場にて行われる『MOTOR SPORT JAPAN 2009』にて、HONDAのエンジン音(McLAREN HONDA MP4/5)とTOYOTA F1のデモ走行が有ります!
posted by nabay at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

駿河湾地震

先週の8/11に、私の出身地である静岡県に地震がありました。首都圏でも揺れを感じた、『駿河湾地震』。
駿河湾地震-1.jpg
震源地が駿河湾沖深さ25kmでマグニチュード6.5の規模でしたが、噂の『東海地震』では有りませんでした。
実家に連絡を入れ状況を確認したところ、フォトフレームや冷蔵庫の中の物が倒れた程度で、人も建物も無事でした。

駿河湾-1.jpg伊豆半島の西側にある駿河湾は、最深部が2500m有る日本一深い湾で、その最深部にはフィリピン海プレートとユーラシアプレートがぶつかりあっています。
ここで蓄積されたエネルギーが、東海地震を起こすと30年ほど前から言われていました(マグニチュード規模)。

その為、私が小学校の頃に静岡県全域で、9/1(関東大震災に合わせて)に一斉の防災訓練が行われる様になりました。(今年は、衆議院議員選挙投票日の関係もあって8/29とのこと)

防災訓練.jpg覚えている事は、小学校にはヘルメットを被って、毎日通学していた事。
防災訓練では、始業式終了後の教室内で地震が起きた想定で始まり、校庭から家の近くの避難場(公園)に行きました。そこで親(大人達)と合流して、学校指定の集合場所(市の運動場)へ移動。
そこでは、人命救助消火訓練、更に炊き出しと、かなり本格的な内容でした。
インフラが断絶している想定でしたので、水道水は出ない事になっていました。

中学生以降は、ヘルメット通学無くなりましたが、学校のイスには防災頭巾を使用していました。

家具を固定する、避難袋を用意すると言った最低限の事が、当たり前の様な環境でしたので、今回の地震でも被害が少なかったかも知れません。

東名高速道路の法面崩壊による通行禁止は、さすがに予想外でしたが・・・。
最後に、被害にあわれた方には、心からお見舞い申し上げます。
posted by nabay at 13:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

ツールの凄さ

100年以上の歴史を持つ世界最大の自転車レース、ツール・ド・フランスが7月4日〜26日まで開催されています。
このツールに出場している日本の2人が活躍しているのが嬉しい限りです。
出場することすら困難なのに・・・。

このツールとはどんなレースなのか?

・走行距離 3500km
 北海道宗谷岬から沖縄県与那国島くらいまでを、真夏の暑い時期に23日間(休
 息日はたったの2日)かけて走破。

・平均スピード 時速40キロ
 通常の自転車速度は約10〜15km/h。
 例えば1日200kmのステージレースでは約5時間この速度で走り続けることに
 なります。

・高低差 2000m以上!
 今年の最大標高はアルプス山岳コースのベルナール峠で2473m。
 でも一番の見所は、第20ステージ(7月25日)のラスト20kmからの登りがゴー 
 ルまで続くモン・ヴァントゥーの山頂ゴールでしょう。

・平均勾配7.5%の山岳コース!
 道路勾配[%]=100x垂直距離[m]/水平距離[m]
 例えば、栃木県日光市の第2いろは坂(上り)は、平均勾配4.2%。第1いろは坂
 (下り)は、平均勾配6.2%。

・気温差10℃以上!
 1000m登ると約5〜6℃気温が下がると言われています。
 下りの時、選手たちは防寒対策として新聞紙等をジャージの中に入れます。


記事を書いているだけで疲れてきます・・・。
こんな環境下でレースを完走できた選手たちは英雄として、最終日パリ・シャンゼリゼで迎えられるのが印象的です。
また、勝利至上主義でない人間ドラマ・人間臭さのあるところが魅力の一つと言えるでしょう。

      
posted by suzuking at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする