2015年12月19日

軍艦島

今年も残すところ、あと一か月。
業界的には、新国立競技場の再コンペ民泊問題、杭偽装と、嫌なニュースが多かった一年ですが、良かった事として、軍艦島等が「明治日本の産業革命遺産」の一つとして、世界遺産になった事でしょうか。

二年前に、初めて行った『軍艦島』。
長崎県の海上約18kmに位置する島で、正式名称は端島。
石炭採掘で栄え、埋め立てにより島の拡大、そして狭い敷地に70棟を超える建物が出来、煙突から出る煙が戦艦「土佐」に似ている事で、軍艦島の愛称が付いています。
軍艦島-01.jpg  軍艦島-02.jpg

現在は、石炭炭鉱施設や木造の建物は崩壊し、鉄筋コンクリート造も構造フレーム以外は、無い状態に近いです。
崖に沿って作られた緑道(階段)、最上部の貯水槽、島を守る祠、日本初の鉄筋コンクリート造の共同住宅、海水プールを見ることが出来ます。
軍艦島-03.jpg  軍艦島-04.jpg

軍艦島-05.jpg  軍艦島-06.jpg

本来は、アパート中心部に行きたいですが、そこはストリートビューで我慢するしかありません。

この島(6.5ha)に、最盛期で5,000人を超えた人が生活していました。
TVの普及率も高く、屋上がアンテナだらけの写真を見ましたが、閉山された今でも、現地に行くと、当時のパワーを感じられると思います。

見学は、4社による午前と午後に1便ずつ有り、海上で見た後に上陸して、決まった見学ルートを約1時間堪能して終了です。
世界遺産になって、予約が取り辛いかも知れませんが、是非見て欲しいですね!
posted by nabay at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 国宝・重文・世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

投入堂

今年の夏休みを利用して、投入堂に行ってきました。

投入堂は、鳥取県三徳山(標高約900m)にある三佛寺の建造物です。
修験の行場であり、二人以上でないと入山禁止の日本一危険な国宝とも言われています。

三徳山-1(正面階段).jpg参道が階段で始まり、まず1回目の受付、その後も続く階段を上り、登山参拝事務所の有る本堂までも、一苦労でした。
登山参拝事務所で、三徳山入峰修行(投入堂参拝登山)の受付。
再度靴の裏と服装のチェックを受け、代表者の住所・氏名に人数と入山時間を明記して、志納金(入山料)を支払い、輪袈裟を借ります。

靴はスニーカーで、このソールで問題ありませんでした。

PATRICK.jpg

ここから、他のblogでも紹介されている様な厳しいルートを登って行くのですが、写真で見るより体力を使い、紹介されている箇所とは別に「おぉ〜!」と思う箇所が有りました。
特に、クサリ坂に着く前の岩場。これを登る時に、「ロッククライミングみたいだ・・・、と言うより、帰りにここを降りるのか!?」と驚きました。
正直、小雨降る中で、体力も限界に近付き、写真を何枚も撮れませんでした。

その後、美しい懸造の文殊堂と地蔵堂を見て、鐘楼堂で鐘を撞けば、残りはあと少し!
三徳山-2(文殊堂・くさり坂).jpg    三徳山-3(地蔵堂).jpg

ここまででも、どの様にして建材やら鐘を運んだかすら不明。素晴らしい建物たちです。

そして、観音堂の裏をまわり、ついに投入堂に対面!
三徳山-5(投入堂・不動堂).jpg


三徳山-6(投入堂).jpg崖の窪みに収まる様に建つ懸造。

必要最低限と思える、細く長さの異なる柱と、それに交わる斜材の配置が絶妙で、その奇跡的な美しさに感動しました。
ここまでの苦労を忘れ、十分に目に焼き付けたあと、雨降る中に無事下山。最高でした!!
posted by nabay at 01:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 国宝・重文・世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

富士山

先月、富士山世界遺産(文化遺産)に、登録されました。
街中には、富士山グッズが売られて、お祝いムード満載。
そして今月は、ついに山開きを迎えました。

ニュースにもなっていましたが、今年の富士登山は、例年以上に登山客が多くなりそうです。
しかも、軽装で。。。

20年ほど前に、一度だけ登った私が言うのもなんですが、夜は通り雨に強い風、昼は太陽にと、木も無い場所でよけることが出来ない。
人によっては、高山病の恐れも有ります。
思っている以上に過酷なので、無理をしないこと、万全の準備をして、望んで下さい!
FUJI.jpg

でも、夜に見る満点の星空と流れ星、ご来光、足元に広がる雲海。
最高の景色が、感動をくれます。

もう一度、登りたいと思いますが、体力的にと人の多さに、無理かな。
そんな時は、Googleのストリートビューで、山頂へGO!!
FUJI-google.jpg

posted by nabay at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 国宝・重文・世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

カキツバタ

根津美術館で開催中の「KORIN展」。
見ごたえありました。

国宝「燕子花図(かきつばたず)」とメトロポリタン美術館所蔵「八橋図」を同時に見れる絶好の機会。

双方とも、
絵はシンプルの極み
背景は金一色
よく見るとベタ塗りで、陰影なし
カキツバタの配置、バランスのみの構成。

しかし、全体を眺めると屏風の奥行きも相まって遠近感が出ているように見えます。
橋が全体に貫かれた「八橋図」は更に印象的です。

燕子花図.jpg
                      燕子花図

八橋図.jpg
                       八橋図

しかもこの時期、美術館の庭園にはカキツバタが見事に花を咲かせています!
カキツバタ.jpg


トリプルでカキツバタを堪能できました。

リニューアル後の根津美術館は初めて行きました。
展示物への照明効果、良かったです。
posted by suzuking at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 国宝・重文・世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

仏像

阿修羅展.jpg阿修羅展に行ってきました。
混んでます。
年齢層が高いです。

でも、率直に良かったです!
凄い充実感でした!


今まで仏教美術にほとんど興味がなかったのですが、国宝で有名なあの阿修羅像が来る、しかもガラス等のフィルターがない露出展示で360°どこからでも拝観できる、と知り徐々に興味が湧いてきました。

全く知識が無かったので、BRUTUS「仏像」やインターネットで勉強。
やはり多少の知識があった方が、より楽しむことができたようです。
阿修羅像だけでなく、他の八部衆像十大弟子像なども非常に良く、細かな表情や朽ち果てた歴史の重みなどを五感で体験できました。
また、ギャラリースコープで拝観している人を見て、今度は自分もそうしようと反省したのでした。
阿修羅展公式図録もかなり充実しているのでオススメです。(写真は図録の抜粋)
阿修羅-涙ぐんでる?.jpg  阿修羅展図録-1.jpg

阿修羅展図録-2.jpg  阿修羅展図録-3.jpg

そもそも、奈良の興福寺からこれらの国宝をどのように運んでくるのか?
そんな疑問を持つ中、タイムリーにも4月28日NHKにて放送予定の「プロフェッショナル 仕事の流儀」で答えが見れそうです!


posted by suzuking at 12:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 国宝・重文・世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする