2013年02月17日

隅田川のエジソン

以前から本屋で見かけて、気になっていました。
その本は、『隅田川のエジソン(著者:坂口恭平)』です。

隅田川のエジソン.jpg著者は、作家であり建築家でもあります。
学生時代に、現代の建築に疑問を持ち、路上生活のブルーシートハウス「0円ハウス」に注目し、建てない建築家として活動中。
そして、路上生活者に取材し、それをモデルに書かれた本となっています。

江戸時代と比べると、いかに現状のリサイクルが甘いとか、ブルーシートハウスの造り方で、どれだけ自然を取り入れる事で、快適さを得られるかなど、とても考えさせられました。

また、震災で家を失い、なかなか住宅が建たない政策を期待するより、0円ハウスをバージョンアップして、希望者に配布した方が良いかと思いました。
0円ハウス.jpg

震災で、坂茂設計の紙管による間仕切りシステムも含め、我々建築関係者が日々考えて、いざという時に備える必要性を、痛感しました。

WATARI-UMで行われた展示会も、大盛況でした。
その影響で、今度は「TOKYO 0円ハウス 0円生活」を読む予定です!
posted by nabay at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

再度、雑誌掲載されています

本日発売の「ガレージのある家Best100 vol.3

ガレージのある家Best100.JPG


弊社設計監理のY's house が掲載されています。

以前掲載された内容と同じです。
(今回は縮小掲載です)

Y's house.JPG


見てみたい方は大型書店、又は時悠空間まで。
posted by suzuking at 17:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

謹賀新年

新年おめでとうございます。

年末年始は特に遠出もせず、マッタリと過ごしておりました。

このままではマズイ! と思い、気合いを入れてサイクリングへ。

片道1時間半掛けて、多摩湖へ到着。
遠くには富士山、そして西武ドーム。
静まり返った湖畔はとても綺麗で、心が洗われるようでした。
多摩湖.jpg


ついでに掬水亭西武遊園地(ともに池原義郎氏設計)を見学。
細やかなディテールに関心しつつも、人気の無さに時代を感じてしまいました・・・。
掬水亭.jpg



なるべく体動かして、いろんなもの見て、仕事に還元できたらと思います
それでは本年もどうぞよろしくお願いいたします。

posted by suzuking at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

開店『MemorieS』

私(nabay)が最初に勤めた会社の上司であり、時悠空間を立ち上げてから、何度か仕事関係のお付き合いをさせて頂いた方が、最近ご自身の夢を叶えました。

同じ業界の独立は、自信と勇気が有れば何とかなると思いますが、上司が立ち上げたのは、建築からは離れた飲食店!!
そのお店は、昭和歌謡BarMemorieS
MemorieS-1.jpg

場所は関内(横浜市)で、建築関係者なら横浜市役所の分館(関内駅前第一ビル)で、「埋蔵文化を確認するビル」と言えば、お分かりでしょうか。

ご自身で内装設計をされ、木製のカウンターに、夕日の雰囲気を出した壁、とても温かみのある空間になっていました。
趣味で集めたレコードを聞きながら、お酒をいただく。
そして、価格もリーズナブル。
MemorieS-2.jpg MemorieS-3.jpg

横浜に出掛けた際には、寄ってみて下さい!
posted by nabay at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップ・インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

ケミストリークエスト

最近のゲームやおもちゃは多種多様。
物理学・化学現象を駆使したものや、遊びながら学習するものまでいろいろです。

遊びながら学習できる、とは一石二鳥。

そこで、「ケミストリークエスト」を購入してみました。
化学結合を学びながら楽しく遊べるカードゲームです。

原子カード(酸素や炭素など)を結合させて化学物質(例えばオゾンなら酸素カードを3枚)を作っていくので、実際に存在する化学物質をより身近に感じたり、覚えたりできます。

しかもこのゲーム、小学生が考案したというから驚きです。

ゲームをしながら、「この化学物質はどんなものだろう?」
と、自然に疑問がわいてきて、ついつい調べてしまいます。

例えば、シアン化水素(HCN)。
ゲームの中では簡単に作れてしまうので、どんな物質だろうと気になっていました。
後で調べてみたら猛毒の物質。
殺虫剤や化学兵器に使用されているとのことでした。

また、建築業界でもよく聞く、ホルムアルデヒド。
こちらも毒性が強く、シックハウスの原因物質の一つです。
化学式は、HCHO。
炭素(C)1つ、水素(H)2つ、酸素(O)1つ。
原子だけみると問題なさそうですが、結合の仕方だけで毒性物質に・・・
と、いろいろ勉強になります。

化学をもう一度基礎から勉強したかったので、好都合の教材になっています。

  ケミストリークエスト-1.jpg  ケミストリークエスト-2.jpg
posted by suzuking at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | プロダクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

名作住宅見学会

先月と今月、貴重な体験をしました。
普通、建築見学は公共建築や商業建築以外は、外から見るだけで終わってしまいます。
ましてや個人住宅となると、塀や樹木に囲まれて、建物すら見られない事が普通です。
昭和の名作住宅.jpg

今回、田園調布のガレリア・アビターレの展示会『昭和の名作住宅に暮らす』で、吉田五十八設計の「旧倉田邸」と吉村順三設計の「自由が丘の家」の見学会が行われました。

古さを感じさせない空間デザインと、究極のディテール美に、ただ感動するばかり。
旧倉田邸は、建具と壁の部分で、額縁の見付を薄くし、チリを取らない八掛で、施工されていました。
自由が丘の家では、合板の壁と建具には額縁が無かったり、合板のコーナー部の処理もコーナー部材無しでおさめていました。
(内部撮影が禁止だったので、お見せ出来ないのが残念です。)
ここまでやって頂く職人は、もう減ってしまっただろうとも思いました。

展示会では、前川國男設計の「新自邸」も展示されていました。
この3件は、現在新たな所有者を探しているそうです。税金を含め維持が大変で、住み継いでくれる方が現れてくれる事を願います!

最後に、外観(アプローチ)だけUPします。

KURATA-1.jpg SONODA-1.jpg

(左:旧倉田邸・右:自由が丘の家)
posted by nabay at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | レア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

領域

自宅のトイレには世界地図と日本地図が貼られています。  世界地図-1.jpg
子供のためにと思い、数年前から貼っています。
改めて地図を見ると様々な発見があるので非常に楽しいものです。

特に最近は様々な問題があるのでじっくり見てしまいます。

                            世界地図-2.jpg
今、問題になっている尖閣諸島、竹島を確認すると・・・  

日本の領土になっています。

ついでに北方四島を見てみると・・・

日本の領土として着色・国境線の表記がされています。

これは日本製地図なので、当然のことでしょう。


                            ミシュラン 世界地図-1.jpg
ここで、以前入手したミシュラン(2008年度版)の地図を見てみると・・・ 

尖閣諸島、竹島は省略されています。(多分小さいからでしょう)

では、北方四島は・・・                 ミシュラン 世界地図-2.jpg

ロシアの領土として着色・国境線の表記がされていました。

フランスではこのように認識しているようです。
日本の世界地図では、微妙なエリアが白色になっていてどこの領土かを限定していません。
例えば、サハリン、フォークランド諸島、西サハラなど。  ミシュラン 世界地図-3.jpg
現在日本の学校で、これらの問題をどのように教育しているのか興味深いところではありますが・・・。




そもそもなぜ人間は、そんな境界線を引いてしまったのか・・・
とにかく、宇宙飛行士・毛利衛氏の名言につきると思います。

「宇宙から見る地球には、国境がない」

地球.jpg


posted by suzuking at 19:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 特殊な領域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

自由学園の公開講座

フランク・ロイド・ライトが設計した、池袋にある自由学園明日館
ここでは、料理や絵画の他に、建築関係の公開講座も開かれています。
JIYUG-1.jpg JIYUG-2.jpg

私も、前期の『建築写真のコツ』に参加しています。
今まで、我流で撮影していたので、一度しっかり学びたいと言う気持ちと、念願のミラーレス一眼を手に入れたので、これを機会にと思っていました。

建築関係の参加者は少ないですが、講義を聞いて自分に足りなかった事や、他の人が撮影した写真に刺激を受けたりと、勉強になりました。
また、ライトが設計した空間で学べる事も、良かったです。

JIYUG-3.jpgちなみに、次回が最終講義で、10月からは後期の公開講座が始まります。

建築の講座は、9講座。人気が高かった、『建築写真のコツ』も有りました。

独学ではなく、公開講座に参加する事で、思わぬ発見も有るので、今後も参加したいと思っています。
posted by nabay at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 建築知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

雑誌掲載されました

数年を費やして設計監理した住宅「Y's house

趣味人の愛読書として有名なネコ・パブリッシング社が発行する
ガレージのある家 vol.25」に掲載されました。


ガレージのある家.jpg



時悠空間工房が雑誌掲載されるのは初めてのこと。

ぜひ、ご覧ください。

しかし残念なことに「ガレージのある家」は発行部数が少ないため、大型書店でないと扱っていないかも知れません・・・。
posted by suzuking at 12:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

節電対策として

今年の夏は、昨年の事を踏まえて、昨年以上に節電を考えて過ごしたいと思います。

建物での節電対策としては、断熱性能を高める事が一般的でしょう。
それは、今月の頭に震災地を除く地域で終了した住宅エコポイントも、断熱性能に重点をおいた内容からも言えます。
断熱性能は、屋根・外壁・床で、外気に対して外側や内側に断熱材を使用し、かつ窓のガラスをペアガラス(空気層が入ったガラス)にする事で、断熱性能が上がります。
これにより、冷暖房の効率化が得られます。

P-Curtain.jpg新築以外や賃貸で、リフォームが出来ない場合の方法としては、遮熱カーテンが有ります。

私が使用しているのは、無印良品から発売されているUVカットをするプリーツカーテンです。

サーキュレ-ター.jpgまた、事務所で活躍しているのが、サーキュレーターです。

これを使う事で、室内の空気を循環させ、冷暖房の効率化が計れます。


DOKODEMO-ICENON.jpg最後は、昨年よく使った冷感スプレーアイスノン等です。
これらの、直接体を冷やすタイプも、結構効果的でした。


無理はしないで節電しようと思う、今日この頃です!!

posted by nabay at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする