2011年07月13日

歌舞伎

歌舞伎鑑賞をしました。
といってもプロではなく、ボランティアとして農村歌舞伎を保存活動している「あきる野座」。
東京都指定無形民俗文化財の指定を受けてます。

歌舞伎鑑賞は2回目。
高校生のときに歌舞伎座で鑑賞して以来です。

今回の舞台は、小学校の体育館でした。

演目は、「壽三番叟(ことぶき さんばそう)」と「義経千本桜 二段目 伏見稲荷鳥居の場」。

始まる前、子供も楽しめるように歌舞伎の解説や見所、ストーリー等の説明がありました。
(それでも子供には少し難しかったでしょう・・・)

学芸会的なノリが少々あったものの、雰囲気は感じることができました。

でも、こういう伝統芸能はライブで空気感・緊張感・間(ま)を感じることが大切。
子供にとってはいい体験になったでしょう。
大人としても、ちょっと敷居の高い歌舞伎に触れる良い機会となりました。


ただ、歌舞伎という芸能を考えたとき
メイク・衣装・一つ一つの動作や仕草などがデフォルメされ
見応えはあるものの
ストーリーとしては面白いとは言い難い気がします・・・。

歌舞伎の演目に幅をきかせて
誰もが知っている歴史のワンシーンや現代劇などを取り入れたら
もっと面白くなるのでは・・・。

こんな考えは邪道なのでしょうか?

     あきる野座.jpg
posted by suzuking at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

家守

』と書いてヤモリと読みます。
家守.jpg

写真のヤモリは、全長が約10cmで、住んでいるアパートの外壁で良く見かけるニホンヤモリです。

人家の近くに生息し、灯火に集まる不快な虫を食べるので、昔から家の守り神と言われています(イモリは、戸をる)。また、家が守られているので繁栄するとも!

私の場合は、もともと爬虫類とかは苦手でない上に、とても有り難い名前に、毎年会う度に何となく安心感を覚えます(今夜は、玄関扉にいました)。
逆に、苦手な方も居るかと思います。
ニホンヤモリは、益虫だけでなく、東京都ではレッドリスト(東京都の保護上重要な野生生物種)に入っています。

縁起物だと思って、出来る限り共存をしましょう!
posted by nabay at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

山梨文化会館

          山梨文化会館-1.jpg
メタボ建築の代表作の一つ、山梨文化会館(設計:丹下健三)。
見に行ってきました。

写真家:村井修 氏の撮影した写真(上)のインパクトが脳裏に焼きついていた為か
現物を目の当たりにして少々期待ハズレ感はあったものの
メタボリズムの精神を十分に感じ取れました。


要塞威圧感新陳代謝増殖
そんな印象の建築です。

残念ながら内部は見れませんでしたが、
16本の円筒コアを分散して構造的な柱とし
それらに架け渡された立体格子で全体が構成されています。

9月17日〜森美術館にて、「メタボリズムの未来都市展」が開催予定。
メタボリズム」とは、生物学用語で「新陳代謝」を意味し、「生物が代謝を繰り返しながら成長していくように建築や都市も有機的に変化できるようデザインされるべきである」という思想のもと、1960年代に日本で発表された建築ムーブメント。

リサイクル、省エネ、エコ、サスティナブル・・・。
これらのようなキーワードを重視される現状においてメタボリズムの精神を今一度見つめ直す機会かもしれません。
       山梨文化会館-2.jpg
posted by suzuking at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築・ランドスケープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン

つい最近、ネットで知った事ですが、あのミシュランが出している『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』をご存知ですか?。
ミシュランといえば、三ツ星料理の飲食店を紹介する赤いガイドブックで有名ですが、こちらは緑色で観光地を紹介しています。

MICHELIN.jpg2009年に初版本が発売され、今月に改定版が出ました。

ミシュランのホームページで、掲載されている一覧を見ることが出来て、海外からの観光者視点なのか、なかなか興味深い事に、単なる観光地でなく最近の建物までが選ればれていました。

ニュースや実際の街中で、観光客が多いと思う地域が、意外と評価が低かったり、観光で行かないだろうと思うところまで載っています。


例えば観光地で言うと、秋葉原は星なし。
築地場外市場や浅草が★★。
上野は★★★でも、アメ横は★。

建物は、コルビュジェの国立西洋美術館は★。
東京都庁は★★★でも、代々木体育館は選択すらされていません。
東京国際フォーラムは、ガラス棟が★★★なのに、ホール棟は★★。

渋谷のハチ公の★は、映画の影響でしょうね。
乗り物なのに選ばれている、ゆりかもめ(★★)。
富士山が★★★は納得しますが、富士登山の★★は、もう観光では無い気がします。。。


今度、紹介する予定の『新宿ゴールデン街』は、★★でした。


この本を見た事は有りませんが、とても楽しめそうな一冊だと思います!
posted by nabay at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

Y's house project 竣工

完成しました!
はっきり言って長かった・・・・・・・です。


建築主の期待に応えるため、構造設計者、設備設計者、施工会社、サブコン、職人、メーカーの方々などなど、大変お世話になりました!

皆さんのおかげで満足のいく建築が出来たと自負しています。


しかし、いろいろありました・・・。
いろんな意味でいい経験ができました。
こんな機会を与えて頂いた建築主に感謝です。


近々、HPにて竣工写真を掲載する予定です。


          Y's house project-竣工.jpg
posted by suzuking at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

電力パーツ

4月になりましたが、まだ少し肌寒い日もあります。
東京電力による計画停電を少しでも無くなるように、節電しながら仕事をする日々が続いていますが、今の状況を知りたいと思っていました。

TEPCO-M.jpg

Yahoo!やネット上の新聞で、使用状況が分かるグラフが有るのを見つけ、早速検索。
Blogパーツに、東京電力の使用状況が分かるパーツが何種類か有りました。
今週から、このBlogの右側のスペースに設置しました。

ネットに繋いだ時に、現状がどうなっているか、無理ない節電の判断になればと思います!
posted by nabay at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロダクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

東北関東大震災

東北地方太平洋沖地震により被災を受けられたみなさまに、謹んでお見舞いを申し上げるとともに、一日も早い復旧復興を心よりお祈り申し上げます。



You tubeで見つけた動画です。
心温まるエピソードや、世界中から届いた感動のメッセージ。




また、建築家:坂茂氏が被災者のために、簡易間仕切りを改良して作る活動を開始し、現在準備を進めているようです。

http://www.shigerubanarchitects.com/SBA_NEWS/SBA_news_5.htm
posted by suzuking at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

新宿『思い出横丁』

最近、ドタバタと忙しい日々を送っています。
新宿に事務所を移ったからと言う訳ではありませんが、仕事の息抜きに『思い出横丁』に行く事が増えました。(そのまま、ゴールデン街に流れたり。。。)

OMOIDE-1.jpg以前から興味があるスポットで、昨年の春頃から行くようになりました。

新宿駅の西口のロータリーから少し歩いたところに、昔ながらの雰囲気を持った一角があります。

終戦直後に、まず露天商のマーケットから闇市が誕生しました。その後、焼鳥屋とかもつ焼きが盛況となり、その名残で、もつ関係のお店は多いとの事です。

昭和34年頃に、甲州街道から青梅街道まであった店舗が、撤去等され現在のエリアが残ったそうです。
OMOIDE-2.jpg OMOIDE-3.jpg OMOIDE-4.jpg

小さな建物に囲まれた細い路地に、隙間から見える新宿の空と連なっている店舗の様子は、ちょっとしたカオスを感じずにはいられません。
ただ、昔からの常連さんにとっては、今の思い出横丁は綺麗になりすぎて、昔の雰囲気とは少し違うようですね。

私にとっては、安くて美味しい店に気軽なバーも有って、楽しいエリアになっています。
それでも、もっと開拓したい気持ちがあります。しかし、初めて入るお店には少し緊張してしまいますが。。。

そのうち、ゴールデン街についても書きたいと思います!
posted by nabay at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

倉俣史朗とエットレ・ソットサス 展

倉俣史朗とエットレ・ソットサス 展.jpg

行ってきました。

かなりのオススメです!

本展サブタイトルの「夢見る人が、夢見たデザイン」、まさに具現化されてます。
過去にもクラマタ作品は何度か見てきましたが、いつ見ても衝撃的です!


今回の展示作品は1981年以後のもので構成されてました。
倉俣氏(1934-1991)の作品では後期のものです。

一番の見所は、かの有名なミス・ブランチ
56脚しか製作されていない名作が、4脚も展示されているとは…。
なんと贅沢な空間!!

また、デザインの裏に潜む製作技術の高さやディテールも見所です。

溶接痕や、パーツの接合部などなど、どれをとってもシンプルできれい!

両氏の生前撮影された貴重な映像も見れて、かなりの充実ぶりでした。
posted by suzuking at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

IS03

昨年末にblogにUPした様に、約5年振りに携帯の機種変更をしました。
新しい機種は、auのスマートフォン『IS03』です。
IS03-1.jpg IS03-2.jpg

最近の携帯は、i-phoneを代表とするスマートフォンや、子供から高齢者まで使用出来る誰でも携帯が登場した事で、その人に合わせて購入する流れがある様に思います。
それでもスマートフォンは、2台目の携帯として持っている人が多いイメージがありました。

しかし、IS03を始め最近のスマートフォンは携帯を意識して作られているので、1台で十分と言えるでしょう。その機能は、お財布携帯ワンセグ赤外線通信が使え、メールアドレスが変らない等があります。
私的には、赤外線通信とメールアドレスが変らないのは、とても助かる機能です。
他に、スマートフォンの特徴である、パソコンと同画面でのインターネットサイトの閲覧や、アプリをダウンロードする事でオリジナル化する事が出来るのが良かったです。

逆に残念な点は、バッテリーの持ちが悪い!
その為に、家や事務所に居る時は充電し、外出時は電池を試用する携帯充電器を持ち歩いています。

最初は、操作や文字入力に慣れるまで戸惑いましたが、今後の開発で使いやすくなり、バッテリーも問題なくなる事で、スマートフォン化が加速しそうですね。
posted by nabay at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | プロダクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。